« 日本の未来 | トップページ | 教育 »

2015年8月 6日 (木)

平和は続かないのだろうか

日本はアメリカの傘下にあるからアメリカが喧嘩してたら、助けなければならない、
というより自分の国は自分で守らねば、誰も他人の家のことなどかまってくれない。
国民の三分の一以上が自民党の集団自衛権法案に賛成している。
半数以上は、憲法の改正の手続きを国民にとってから、法案を適法化させるべきだと言っている。

そもそも、原爆を唯一落とされた国である日本なのに、なぜ平和憲法を自衛権行使のために改変しようとするのだ。

アメリカ人の一部か多くは、未だに戦争を終わらせるために、「原爆投下は妥当だった」などと恐ろしい考えを持っている。広島、長崎で被害をこうむり、 生き残った人たちの悲痛な叫びを、彼らには推し量るだけのやさしさすらない。何の罪もない国民が、台無しにされた人生や地獄の苦しみを彼らも味わってみたらいいと、言ってしまいたくなる。
問題の本質は、泥棒から守るために、武器を確保するということだ。武器を確保することで、既にその国家の平和は崩され、戦争へと傾いてしまうのだ。それは、人間が持つ恐怖と不安感が原因である。4

そもそも他人が信じられないのは、不安に基づいている。自分自身が信じられない人類は、弱肉強食の動物の世界を人間にもあてはめてしまった。むしろ、人間はまた動物的存在であるということだ。
強い者はさらに強い者によって攻撃され、自身の自由と生を奪い取られる。しかし、その頂点に立った者は、結局は一人では、一国では生きていけないことを思い知るのである。
地球で暮らす人類はみな、自分たちで気づこうが気づくまいが、共存して、お互いに支えあって豊かな生活を成り立たせている。そのことを忘れてしまった人類の多くは、「敵にやられる前に、攻撃の準備をしなければならない」という。
侵略されたときのことを考えてしまうのだが、それこそ、人間が人間を信頼していないことの証である。それはつまり、自分自身を信頼していないことであり、絶えず誰かから襲われるのではないか、命を脅かされるという恐怖が潜在的にある。

このことは、私たちが長い間、物質世界で生きることになじみ過ぎた弊害でもある。
しかし、一方で私たちはいまだ、動物と対して違わない性欲を持ち、子孫を残し、苦悩や悲しみの絶えない世界の存続に加担している。
それは私たちが、魂という意識存在に到達していないからに他ならない。

「目には目を」そうした考え方で、過去に何度も戦争を起こし、科学文明がもたらした破壊兵器で生き残った者はいない。
頂点に立った者は、決して生き残ることはできない。それは、私たちの豊かな社会が、お互いの協力によって成り立っていることを少し考えるだけでもわかることだ。

人は襲われる恐怖によって武器を持ち出し、武器を持つことによって、攻撃的な相手を引き寄せ、結果として戦い、そして残ったものは決して、それまでにあった豊かな生活が決して取り戻せなくなってしまったことに嘆き悲しむのである。

|

« 日本の未来 | トップページ | 教育 »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/61060841

この記事へのトラックバック一覧です: 平和は続かないのだろうか:

« 日本の未来 | トップページ | 教育 »