« 結婚と自由(5) | トップページ | 平和は続かないのだろうか »

2015年7月20日 (月)

日本の未来

日本という国は住みやすい国だ。そのことは、島国であること、単一民族国家であること、

宗教上では、多神教を支持し、他国の支持する宗教に対して寛容であることなどが挙げられる。

自分の国が住みやすいというのは、単に戦争がないだけでなく、それに巻き込まれたりしない、貧富の差があまりないことなども含まれている。

しかし、今国会で衆議院が自民の安全保障法案の採決を可決したことによって、今後の日本は幾多の争いに巻き込まれていき、平和国家でなくなるのではないかという危惧が生じた。

隣の隣人が喧嘩で負けそうになったから、助けに行くのは当たり前だからとか、自分の家を守ってもらうためには必要なことだといった屁理屈が正当化されてしまうのだ。

そもそも、自公の法案は、憲法違反であり、それを無視して安全保障法案を採決することは、国民の総意である憲法を踏みにじっているも同じである。法治国家としての体がなくなり、独裁者による専制政治の始まりとも受け取られる。

アベノミクスは、この先さらに貧富の差を拡大させる政策を取り、言論の自由に対する弾圧を行う可能性は否定できない。

自民党の総国民の支持率が30%台であろうとも、いったんは半数以上の人が支持し、いまの強行採決を許す結果になった自民の議席確保を導いたのはわれわれ国民であることを、今一度理解する必要がある。

平和ボケしたわれわれ国民の意識状況に対して、過去の自分たちがいかにしあわせであった、などと嘆くような未来をつくってはいけない。

しかし、スピリチュアルな視点では、平和ボケして調子に乗っている国民に対して、ショックを与える事件も必要だ、ということになってしまう。

政治に無関心か、関心があっても、どうせ無駄だからといって、ほかに投票する政党がないからといって、何もせずにいることも、結果として自民や公明に対して賛同するひとつの意思になることを忘れてはいけない。

 

自分たちの未来は自分たちで創るのである。そこには例外はない。

 

無関心、無選択ということも、ひとつの選択肢であり、この先の自分の未来に多大な影響を与えることを平和ボケした私たちは、いまひとつ理解していないのではないか、日本の未来は、まだ決まったわけではない。

こうして今、ブログで自由に自分の言葉を表現することのできる喜びを、将来にわたって得られることを願ってやまないのである。

自分の意思をはっきりと、伝えましょう!

|

« 結婚と自由(5) | トップページ | 平和は続かないのだろうか »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/60811195

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の未来:

« 結婚と自由(5) | トップページ | 平和は続かないのだろうか »