« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月27日 (土)

結婚と自由(4)

結婚は、一人ぼっちで淋しい自分、孤独に耐えきれない私たちが要求する束縛の宿だ。この宿がないと、人は生きられない。私たちは、誰かに束縛されることによって、一人孤独でいるさみしさから逃れることが出来、また、自分の必要性を満たすために、家族を創ることができる。家族に囲まれて生きることほどしあわせなことはない。

一方でいつも誰かに見られていると、一人だけの空間を得たいと望んだりする。そこで一人の楽しみを見つけようとする。それはいつも周りに誰かが居るからこそ、一人に成りたいと望むのである。結婚しているからこそ、自分の時間を作りたいと思うのです。

もし、毎日が一人ぼっちなら、自由になれる一人の時間が欲しいとは決して思わない。毎日がひとりぼっちなら、逆に誰かに会いたいと常に思い、さらには誰かに束縛されたいと願い続けたりもする。

誰かに束縛されたい気持ちは、結婚を望むこととなり、結婚制度の身分の保証の中で、ひとは家族から自由になりたいと願っている。

いや、誰かからの支配からのがれることが、ひとりになれる時間を得ることが、本当に望みなのではない。

家族とは、社会とは、それが絶えず動き続けるものであり、しあわせが続くものではないことを知っている。もし、何事もなく、子供を生み育て、孫の顔を見、さらにひ孫の顔も見れて、最後は息子や娘にみとられて、死ぬことができるのであれば、それは果たしてあなたの本望であろうか?

大好きでたまらない人が、いつまでもそばにいて欲しいと願うのは、当たり前のことだ。しかし、どんな場合でも、一緒に死ねるということはほとんどあり得ない。一緒に死ねても、あの世でも一緒だとは限らない。また、大好きでたまらない人と一緒になれなかったり、別れなければならないことは生きていて、度々起こることである。

このひとりぼっちの寂しさは、そうならないように常に誰かを求め続ける。そしてそれは私の幸せが、好きな人に依存し、家族に依存し、そして社会に依存していることを示すものだ

つまり私はいつも、誰かから愛されたいのだ!

そしてこれが叶わないから、愛に飢え、こころが満たされず、それゆえにどうしようもない淋しさを紛らわすために、他人にしがみつこうとする、この姿勢こそ不幸の原因なのだ。

私のこころを満たしてくれるものは誰もいない。そのことを真に理解するまで、ひとは家族を求め続け、社会を求め続ける。

幻想の社会にではなく、束の間の仮の宿としての家族ではなく、こころが、真に満たされている状態、つまり分離されたこの感覚をもとのひとつだったものに帰ることが、唯一のしあわせに至る道なのだ。

永遠の至福、それを求めるこころさえなくなった魂こそが、永遠の至福なのだ。ひとは、そこに至る旅人であり、こうして今も、永遠の泉を求めてさまよい続けている。

時間を超えて、そこにあるものこそ本物であり、そのためにひとは自分からの自由を獲得しなければならない。自我のしあわせはささやかだか、その時々では値のあるものだ。しかし、それがもろくもはかないものだとわかったとき、人は永遠のしあわせを探し求める。そしてそれは、社会に根付いている自分自身のこころの奥底に存在しているものなのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

結婚と自由(3)

飛ぶ鳥の自由とは、そこに偶然出会った人たちと、その瞬間、瞬間を遊んで楽しみ、愛を与えあい、分かち合うことである。そこには生き生きとした今、という輝く瞬間がある。

 

自由は愛の表現だ。その自由こそ、あなたがあなたらしさを生き切ることを保証する。

籠の中の鳥は、どんなにきれいでも、どんなに素敵でも、空を自由に飛べないことで、輝きをなくしてしまう。そして、飼い主は、また別の鳥を、空を飛んでいる鳥を見つけて、また籠の中に入れようとしている。何度やっても同じだ。

 

籠の中に入れようとすること自体が問題を生むことに気づかないといけない。僕たちは、自分で自分の首を絞めてしまっている。お互いが結婚制度の名のもとに、お互いを束縛しあった結果は目に見えている。しかし、本人は保証を得たい、安心を得たい。

 

愛は生においてもっとも高い価値を持つ。それは愚かな儀式に貶(おとし)められるべきではない。そして、愛と自由は共に歩む・・・あなたはひとつを選んで、もう一方を残すことは出来ない。

結婚という儀式のもとに愛の誓いを立てれば立てるほど、自由という愛の鳥は、鳥かごの中で段々と死んでいくという事実にもっと目を向けなければならない。気をそらすために子供を作り、子供に自分の愛情を注ぎ、見返りを期待することで、ますます愛情に対する飢えが募り不毛になってゆく。

 

結婚の目的は、あなた方が互いに成長するのを助け合うことだ。しかし、成長には自由が必要だ。そして過去においては、全ての文化が、自由がなければ愛は死ぬことを忘れてしまっている。 (太字:OSHO)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

結婚と自由(2)

結婚して、なおも自由でありたいことの矛盾

 

3つの真理が本当に理解されるなら、結婚するかしないかはどっちでも良い問題となる。

 

結婚するということは、相手を少なくとも自分の生きてる間は、縛りたい、籠の中の鳥に納めておきたいということだ。その鳥は籠から出て、飛び出すことを許されない。なぜなら、もし自分のところに帰ってこなかったらどうしようと不安になる。つまり、相手に対する100%の信頼がないということ、それはつまり、真に相手のことを愛しているわけではないということ。真に愛しているということは、相手のする全ての行いに対してYESと言えるということであり、その飛ぶ鳥の自由を喜ぶことができるということ。

 

自由を知っている人は愛に満ちている。そして愛を知っている人は、いつでも喜んで自由を与える。もしあなたが、自分の愛している人に自由を与えられないなら、いったいあなたは誰に自由を与えられるのかね?自由を与えることは、信頼すること以外の何ものでもない。

自由は愛の表現だ。だから、あなたが結婚しているかどうかにかかわらず、いいかね、全ての結婚は偽物だ・・・社会的な都合のよさにすぎない。結婚の目的は互いに自分達を閉じ込め、自分達を束縛することではない。

結婚することが目的なら、それは自分たちのお互いに束縛したがっているこころの現実と向き合わねばならない。その根底には、相手が離れて行ってしまうことに対する恐怖がある。相手をお互いに従順なペットにしあって互いが安心して暮らす生活は異様だ。しかし、私たちには相手に自由を与えるだけの信頼も、度量もない。

 

私たちはつまるところ究極の愛というものを知らないのだ。

 

それは私たちがお互いに100%の信頼を得ていないからこそ家族を必要とし、一人ぼっちの孤独(ロンリネス)のさびしさから逃れるために、一緒にいることの保証を国家から授けてもらいたいのだ。僕たちはお互いに束縛しあっていること、この現実に目をそむけ続けることはできない。束縛し合っているという現実が、いづれ不幸に行き着くからだ

 

私たちは3つの真理が理解できない、

もしこれらの単純な事実を理解したら、その時には、あなた方が結婚しているか結婚していないかは問題ではない。あなた方は一緒にいられる・・・互いの空間を許し合い、互いの独自性を決して妨害せずに。 (太字:OSHO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »