« 失望 | トップページ | 結婚と自由(2) »

2015年5月30日 (土)

結婚と自由(1)

結婚して、同時に自由であることは可能かどうかを尋ねた求道者にOSHOは答える。

それは難しい。しかし不可能ではない。ただ少し理解が必要だ。

2,3の基本的な真理が認識されなければならない。

第1に、誰も他人の為に生まれてはいないということ。

第2に、誰も人はこのようにあるべきだというあなたの理想を満たす為に、ここにいるのではないということ。
第3に、あなたは自分自身の愛の主人(マスター)であり、自分の望む限りを与えることが出来るが、誰も奴隷ではないのだから、相手から愛を要求することは出来ない、ということ。                    

もしこれらの単純な事実を理解したら、その時には、あなた方が結婚しているか結婚していないかは問題ではない。あなた方は一緒にいられる・・・互いの空間を許し合い、互いの独自性を決して妨害せずに。

(ニューウーマン誕生(めるくまーる刊)オショーラジニーシ)

 

これを初めて読んだ時、「そうだそうだ」といかにも自分はわかったつもりでいた。

この3つはどれも真理を表しているのだが、僕は現実の中では、それを行為で示すことはできていない。殆どの人はこれを理解しないか、頭でしか理解していない。そして僕もその苦しみの中にいる。

最初に始めなくてはいけないことは、自分がいかにこの真理を理解していないか、ということを思い知らないといけない。

 

第一の真理

誰も他人のために生まれてきてはいない。

しかし、マインドはこう言う、私はあなたと出会う為に、あなたの世話をするために生まれてきました、と言う。それはつまり自分の喜びやしあわせのためにあなたはいなくてはならない存在なのです、ということ。誰かのために、というのはその誰かを通じて生きる喜びがって初めて、自分自身の表現が完結されることを意味している。

つまるところ、

誰も他人のために生まれてきているのではなく、自分自身を表現するために、自分を成長させるために、自分に感動を与えるために生まれてきました、と言った方がより正直だと思える。

 

第二の真理

2人の人が結婚する時、2人共ある特定のイメージと結婚している。そしてそれは明日になれば変化するものだ。あなたの結婚した女の人は、明日はもう同じ人ではない。彼女は生きている、彼女は成長している、彼女は動いている。明日は明日だ。(OSHO)[

結婚する相手探しに際して、お互いに抱いている相手のイメージ、こうあって欲しいという願望を叶えてくれる相手を好んで選ぶ。まさに、その人が自分にとって相性の良い相手であり、自分をしあわせにしてくれる、その人でもあるわけだ。

しかし、時間が経つに連れ、お互いに変化していく、人は相手の特定の固定化されたイメージ通りの人ではなくなってくる。

僕は彼女がおしとやかな人だったから結婚したのにこれは詐欺だ、と後から言っても始まらない。人は常に変化し続け、その時々の性格の衣を脱ぎ捨てては新しく成長していっているのだ。誰一人、例外ではない。「あなたの理想通りになる人など、この世にいないのだ」、とそう悟ることが僕はまだできないでいるのだ。

ひとは自らの本質に従って生きるべく運命づけられており、誰も他人の理想を満たすために生まれてきているわけではない。もし、他人に自分の理想を押し付けるなら、いづれ失望することになる。

 

第3の真理

愛はビジネスではない、「これだけの愛情を注いだのだから、その見返りが欲しい」とそう望んでも、相手にとってそれは押しつけ以外の何物でもない。そもそも、相手は君にどれほどの愛情を注いでくれ、などと頼んだのだろうか?  それは一方的であって、本当のところは、特定の誰かさんから愛情を注いで欲しいというのが本音である。お望みの相手が愛情を注いでくれるかどうかは相手の自由であって、それはビジネスに落し込む性質のものではない。

|

« 失望 | トップページ | 結婚と自由(2) »

和尚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/60117957

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と自由(1):

« 失望 | トップページ | 結婚と自由(2) »