« 執着と感謝 | トップページ | 感謝と愛 »

2015年4月13日 (月)

生の目的性と魂の無目的性

今、生かされているこの現実がある。私はなぜここにこうして生きているのだろう。 ひとつにそれは、この私の人生は、何らかの目的を持っているということだ。

誰でも人は、気づこうと気づかないとに関わらず、目的を携えて生きている。 その目的は、自分で設定したものだ。 「私には使命感がある」というのもその果たすべき使命をもって、自分の目的となっていることに他ならない。 生前に自分で選んだ目的は、本来人生の中で消化されなければならない。しかし、それが消化不良もしくは未消化のままで人生を終えようとするとき、死ぬ覚悟が出来ていないために、恐れおののく。そして、人生の終末期になると死ぬのがとても怖い、さらにとても淋しい気持ちに襲われてしまう。「自分の人生は何だったんだ?」「ひとりぼっちで死んでいくのは嫌だ!」などと、潔くない悲惨な終末期を迎えてしまう。 みんな人生は満足して終えたいはず。だったら、「いつ死んでもいい」と思える心境になってから死にたいと思う。

一体何を達成したくて生まれてきたのか、思い起こすことだ。それをしないと、人生のたそがれ時により苦しむことになる。 それは誰のためでもなく、自分自身で設定する目標だから、あなたは自分で人生を創造する自由を持っている。 しかし、この世界、この社会に生まれてさまざまな教育を受けるなかで、自分の人生を創造するために、自分で決めた目標を遂行することを次第に忘れてしまう。でも、何度でもやり直すことはできる。一生が台無しになろうとやり直しはできるのだ。ただ、この人生の終末期の苦しみは味わわねばならないだろう‥‥。

和尚は述べている。

「魂や自己は生まれることがない。-身体だけが生まれる。そして身体だけが死に、魂は死なない。魂は何の理由もなく存在する。それはただ在る。この世界では理由を持たぬものだけが永遠だ。雲もなく降りそそぐ雨こそが甘露だ。

理由あるものはすべて消え去る。なぜなら理由が支えてくれる間しか、それは存続できないからだ。石を拾い上げて投げると、それはあなたが投げた力に相当する距離だけ進むー 二百歩、三百歩、そして落下する。子供は生まれ、七十年生きる。母親と父親は、彼に自分たちの生命エネルギーを与えた。それは七十年経つと終わり、彼は死ぬしかし、この世界は続いてゆく。無限の世界が生まれては消え、そして再び生まれる。だが存在はあり続ける。地球は生まれ、そして死ぬ。星や月は生まれ、そして消滅する。

(シャワリングウイズアウトクラウズ 女性の覚者、サハジョの詩:市民出版社)

そう、魂は何の理由もなく存在し、そして永遠だ。

しかし、あえて私たちは理由をもってそれぞれ各自の目的を携えて生まれてくる。だから有限な存在だ。 しかし魂は決して滅ぶことがない、だったらこの有限な人生、後悔しないためにも生前に自分で決めた目的を遂行して、大いに冒険に乗り出すしかないではないか。

他人の目を気にしてはいけない。自分が成りたかった自分を目指そう。それは他でもない、自分自身が選んだ道だから、決して後悔などない。もし後悔があるとするなら、この有限の期間限定の自分の人生に、経験したかったことをして来なかったこと、そしてそれを忘れてしまうことだと思う。 だから、恐れずに生きていこうではないか。

|

« 執着と感謝 | トップページ | 感謝と愛 »

和尚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/59632424

この記事へのトラックバック一覧です: 生の目的性と魂の無目的性:

« 執着と感謝 | トップページ | 感謝と愛 »