« 2014年3月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月15日 (金)

理不尽

世の中は理不尽に満ちている。

理不尽な社会、それを創っている理不尽な人たちのせいで

貧富の差がますます拡大していく世の中

日本はまだいいほうだ、と思ってはいけない。

人々の道徳観念が崩壊してきている

守られなければならないことは

儒教などの説く礼節を尽くす ということではない。

それは形骸化されてしまっている。

その先にあるもの その本質を理解していない人たちが多い

「このひとにどう言ったら、嫌がられるだろうか?

どうやったら喜ばれるだろうか?

自分だったらどうだろうか?」

自分にして欲しくないこと、言ってほしくないことを思い浮かべる、

想像するだけで、相手を傷つけるようなことはしなくなる。

相手はどう思うのか、感じるのだろうかという想像力が働かない人たちが

多くなったせいで、道徳が強調され、罰則、規則がさらに強化されるように

なった。その結果、人々は規則さえ守れば何をやってもよいと思うようになった。

規則は却って人を縛り付け、不道徳を招く。

規則そのものが愛情の不在だからだ。

そうして人は規則に逆らい、犯罪的になる。

便利な世の中が進行することによって、愛が不毛になってきた。

何かがおかしくなった。

きちんと愛されて育つ人たちが減ってきたのではないのか?

不毛な愛、家庭がちゃんと機能しなくなった

文明社会で生きる価値はなくなりつつある。

自分たちは、何を支えに生きていこうとしているのか?

いまこそ、ひとり一人に、問いかけられているのだろう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

自分自身の影

人は自分の嫌な側面を他人に見る。

世界があるのはその人にそれを見せることによって成長してもらいたいからなのだろう。

成長することは、自分の世界のすそ野を拡げて

自分のことを一つずつ、好きになっていくこと、

自分の嫌な側面をそのまま受け入れて、それを乗り越えること。

乗り越えるということは、嫌な側面にこだわらなくなり

それを手放すということなのだろう。

そうして人は、自分というものを深く掘り下げてゆく存在なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年9月 »