« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月14日 (金)

ゲド戦記(2)

この物語は、作者がどういう意図で描いたかはどうでもいいことだ。自分にとってどう感じたかが大切なのだ。同じように、アニメ映画化した作者にとって、これは父親に観てもらう価値の在る作品として作ったために原作者のシナリオを外れてしまったとしても、それは仕方のないことだと思う。アレンに語らせているくだりで、「偉大な父親の存在のもと、不安でどうしようもないことがある」

 

少女テルが主人公に、自分の恐怖心や不安から逃げては、真に生きることはできないというようなことを言った。その言葉が、私にも響いた。私も、死ぬことに対する恐れのために、生きることができないでいたのだ。自分に限らず、自分の家族の死に対する恐れが常にあるために、私は毎日を十分に生きているとはいえない。まさにその通りだった。

主人公は、父親を殺さなければならないほど、不安と恐怖が人格を支配し、闇が拡大していった結果、死ぬのがいやで永遠の命を欲したクモに付け込まれてしまう結果となった。分裂した影は自分に戻ろうとしてテルという少女の協力を必要としており、その結果光と影、生と死、二律背反の人格はもとの真の名取り戻すに至ったかのようだ。

 

最初、光である主人公は、自分の影である自分自身に怯え、彼が自分を乗っ取ってしまうのを極度に恐れた。そこに少女が現れ、彼女が結局彼の二つの側面を一つに結びつけることになる。それは、彼女が主人公の影を連れて、城のなかに入ろうとするとき、「ここからは僕は入れない、いつも君と一緒にいるから、きっと光である城にとらわれの主人公にたどりつけるよ」と言っていることから推測される。ある意味で、彼女はまた、アニマであり、主人公の女性性の側面であるとも言える。生と死、光と影、男性と女性、相反するものの統合といったアンチテーゼがここに示されている。

彼女が言いたかった唯一のことは「死ぬことを恐れていては、決して生きることもできない」ということだ。生とは、死とコインの表と裏の関係にあり、二つでひとつなのだ。どちらかひとつだけに拘ったらコインそのものがコインでなくなる。そのようなことを和尚は述べていた。ここから生の本質とは、生と死の流転する流れそのものにあるのではないかという推測が導かれる。だから、死ぬことを決して恐れてはいけない。死ぬことを恐れていては、生きること自体が難しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

ゲド戦記(1)

先日、ゲド戦記の再放送を観た。

二度目だが、今回はちょっと観る視点が変わった。僕の問題意識が前回と異なっているからかもしれない。

ネットでゲド戦記の批評を幾つか閲覧してみた。

あまり評判が良くないらしい。

その理由は、宮崎監督の息子が作った作品だから、どうしてもそれと比較してしまうらしい。アニメ映画を観るとき、多くの人たちは一体何を基準に評価するのだろう。

私は、この映画は、面白いとか、芸術的だとかでみない。その内容が光と影の心理学的な問題をはらんでいるから、そっちの方向で見てしまう。

このアニメで、とてもきれいだと思ったのは、空に映る雲のグラデーションだ。夕日に染まる雲や太陽の光が空に反映する色彩は、とてもきれいだった。

わたしは、誰かに読んでもらおうと思って書かないことにしたから、準備不足になってしまうが、このアニメは自分自身に当てはめて考えた結果だけをブログに記したい。

 

主人公は、父親を殺して旅をする。そこで賢者ハイタカと出逢うが、その賢者はさしずめ主人公を導く老賢人の役割をになっているように思う。

悪者から逃げる少女を助けるところから、物語の展開が始まっている。

主人公は、命について粗末な言動をしたため、せっかく悪漢から助けたのに少女から嫌われてしまうというスタートだった。

保護者である養母?テナーの家に泊めてもらうことになった主人公は、そこで少女テルーとの折り合いをつける。彼女の歌声を聞いて涙し、心が癒される主人公アレンであった。

まず、主人公が悪者の大将であるクモに捕らえられ、城で催眠状態になってしまう。

次いで養母が、悪者に連れ去られ、牢獄に入れられる。その後を追った賢者は悪者の大将であるクモと対峙した時、まるで無力であった。ハイタカは、生は苦しみの種であり、宝物であり、天からの慈悲であり、永遠の命などこの世にはないと、生と死をつかさどるものこそ生命の根幹だと、アレンに説くが、徒労に終わり、そして彼もまた牢獄に入れられる。その後に少女が主人公の影に近づき、主人公の影とともに城に入る。そして、少女は賢者と養母が間もなく悪者の大将に処刑されることを聞く。少女は城の上にぼんやりしていた主人公に会い、一緒に戦うことを説得する。

死ぬことがわかっているからいのちは大切。一つしかない命を生きるのが怖いだけ。永遠の命がほしいとか、生きるのはどうでもいいとかどっちも同じこと。生かされた命は、生きて次の誰かに引き継いでいく、そうしていのちはづっと続いていく。そうテルーに言われたアレンは賢者ハイタカと養母テなを助けるためにクモと戦う決心をする。

処刑の直前に、主人公の真の名であるレバンネは自分の刀を抜き、クモの腕を切り裂く。それにたじろんで、クモは少女を連れて階上へ登る。主人公アレンは後を追う。クモはテルの首を絞め気絶させるが、影は闇に帰れとテルが言ったとき、クモは日の光に蒸発してしまった。テル(真の名テハル)は龍に変身し、主人公アレン(レバンネ)を乗せて大空を舞った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »