« 人生の目的(2) | トップページ | 人生の目的(4) »

2013年5月25日 (土)

人生の目的(3)

前回、私たちには、やはり目的意識が必要なのだと書いた。

その説明を別の観点からみてみよう。

私たちは、自分の人生と戯れることを目的としている。これが究極の無目的の生を楽しむということだろう。では、そのためにはどうすればよいのだろう?

「戯れる」ことをオショーの言葉で思い返してみよう。

戯れとは、無目的な何か、あるいはそれ自体が目的である何かを意味する。達成されるべきものなど何もない。

人が戯れる方法など知り得ないが、その状態を現したものなら想像もできよう。

人の数だけある生、その生は個々の私の、一回きりの人生というものだ。その生の数だけ宇宙が展開している。

宇宙の展開はひとつのスクリーンだ。人はその中で観客席に身を置く永遠の存在だ。

一度、スクリーンを見ていると、その中に入って、そのステージに立ちたいと願うことになる。なぜなら、そこには自分が、私が、僕が、そしてあなたが唯一、戯れることの出来るステージが照らし出されているのだから。

人は戯れようとするとき、ステージに立つ。そこでは誰もがひとつの生を与えられた主人公である。

どのような運命に翻弄されようと、あなたはそこに立ったことで主人公でいられる。そこは、あなたがあなたとあなたの仲間を創って楽しめる創造の空間である。

人は戯れることができる、そのステージで。

生は、達成されたステージだ。それを望んだ者は、他でもない、観客の私とあなただ。

私は、そのステージのシナリオライターになれる。そこで自由な想像空間を展開することができる。

観客としての「わたし」が意識されてはじめて、ステージの「私」は戯れることができる。

それは、内なる創造の神としての「わたし」と、生のステージで生かされている「私」とが結びつくことだ。「わたし」と「私」が出会ってはじめて、戯れることが可能になる。そのとき、生は達成になり、生はただあふれるエネルギーの分かち合いになる。

人はこのあふれる生の悦びを分かち合うために生きている。それこそが無目的の生の何たるかだ。それこそがオショーの云う、ただエネルギーの戯れだ。

|

« 人生の目的(2) | トップページ | 人生の目的(4) »

和尚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/51772030

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目的(3):

« 人生の目的(2) | トップページ | 人生の目的(4) »