« 独り在ること(2) | トップページ | 独り在ること(4) »

2013年4月26日 (金)

独り在ること(3)

オショーいわく

ひとたび、あなたが自分の全面的な「独り在ること」を認識したら、そこにもはや思考はない。マインドとはあなたの過去であり、他者だ。普通、あなたが独りでいる時、あなたの思考は話し続ける。それは他者になる。そこにはあなたの思考と、あなた自身との対話がある。だがあなたが全面的に独りでいる時、あなたは独りきりだ。今やそこに思考はなく、神もいない。あなたは神聖だ。‥あなたが、自分の全面的な「独り在ること」を認識したら、その瞬間、あなたはそれが二できなく、かつて二であった試しなどなかったということを知るに至るだろう。‥‥‥

あなたが神とひとつになるなどと、私には言えない。なぜなら、あなたはいつも、神と一緒だったからだ。あなたが神と離れたことなどなかったからだ。分離はあなたの幻想だ。それにその幻想ゆえに、あなたはまた別の一元性の幻想を作り出す。分離そのものが幻想だ。‥‥‥

あなたは一だ。一元性ではない。そこには誰もいない。あなたでないものは去っていった。他者は落ちてしまった。そして他者が落ちてしまったその瞬間、思考は消える。思考とは他者だ。だから思考がなくなれば他者もまたいなくなる。

オショーのいう「独り在ること」は、それを生きてみないとわかることができない。ただ、独り社会のなかにあって、自分が他人と違う存在であることを、接する人たちひとりひとりから学んでいくことで、次第に独りの自分が確立していく。そうして、わたしという存在は、世界に一人しかいないのだという理解に至る。その理解が、意識の深みに連れ込んで、一なる自分のなかの神を発見することになる。その神は、他人の中にも見て取ることができる。そして、およそ生きとし生けるものの中にも神をみつけられ、、鉱物の中にまで、それが神の多様な顕れであることを知るに至るのだろう。

|

« 独り在ること(2) | トップページ | 独り在ること(4) »

和尚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/51202231

この記事へのトラックバック一覧です: 独り在ること(3):

« 独り在ること(2) | トップページ | 独り在ること(4) »