« 私が変わる?② | トップページ | 自殺問題に対する一考察 »

2013年1月 9日 (水)

生きることの問い

人生の中で何に一番こだわっているのかと問えば、それは生きることだろう。

生きるのが嫌になって自殺する人もいるが、それも自分の生をもっと充実させたかったか、ちゃんとした目標や夢があってそれが叶えられそうもない絶望から自殺する人たちが多いのが実際である。それも生きることに対する執着心に他ならない。

不思議な事に、この生きる事に対するこだわりが強いほど、生を充実させられないという矛盾がはっきりしてきた。

身近な親しい人たちに対する、ずっとこのまま一緒にあって欲しいという願いも、生きることに対する執着なのだ。身近な人の安否を心配するあまり、自分自身の生活自体がおぼつかなくなり、集中力もなくなり、目の前の仕事や家事がおろそかになったりする。

本当に、生を充実して生きたければ、この生きることへのこだわりを捨ててかからないといけないことにようやく気付くのである。

自分の葬式や、死んだ後の御墓や住居の処理のことなどを考えること、いわゆる終活をする人が増えてきているという。終活をしている人たちの多くは、生き生きとして生活しているという。それは自分の人生の終わりをどうするかを自分で予想し、自分で解決しようという気持ちが、自分の人生に対する前向きな姿勢を培うからであるのだという。それは、自分の生に向き合い、限りある時間を意識するところから、本当の自分自身の生き方を考えるようになるきっかけともなるのだろう。

明日も、今日という日が続くのが当たり前だと思っているうちは、決して自分らしい生き方を見つけられない。毎日が、刻一刻と移り変わっていくのだという現実の理解と、そこから来る意識の緊張感が、人を前向きな生き方に向かわせるのかもしれない。

それを阻むものは、やはり執着心なのだ。

明日も、この幸せが続いて欲しいとか、いつまでも誰かと一緒にいられますようにとかいう願いはあっていい。けれども、それはいつまでも続くものではないという認識が心のどこかになければ、人は決して至福な生をまっとうできないのではないか。なぜなら生は時間とともに移り変わっていくものだから。そうした現実に目を向けさせないのが、夢やあこがれ、そして理想なのだ。しあわせに対する執着心こそが、生における最大のこだわりであるなら、それは同時に死ぬことへの不安や恐れとなって現れる。そして人は決して真に生をまっとうできないでいる。

生へのこだわりを捨てる事ができたとき、人はそこで初めて生死という輪廻の歯車から自由になり、生死を超えた、永遠の泉を手にすることができるのではないだろうか?

いや、手にするというと、そこにまだ「自分に対するこだわり」がまだあるから、永遠の泉に飛び込む事が可能になるといった方が良いのかも知れない。

人の最大の執着とは、この「自分自身」のことなのだろう。

|

« 私が変わる?② | トップページ | 自殺問題に対する一考察 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/48672051

この記事へのトラックバック一覧です: 生きることの問い:

« 私が変わる?② | トップページ | 自殺問題に対する一考察 »