« ありのままの自分(3) | トップページ | ありのままの自分(5) »

2012年6月30日 (土)

ありのままの自分(4)

オショー曰く

自然を拒絶すること、自分のあるがままを拒絶すること、自分のタタータ(にょ性)を拒絶することはエゴを創り出す。あるがままを受け容れればエゴはなくなる。もし受け容れなければ、もし拒絶するならば、もしそれに対立する理想を創り出すならば、そこにエゴが現れる。理想とはエゴを創る材料だ。

自分の中にある、お金に対する執着心が人からだまされる結果を生む。権力など関係ないと言った人が、同僚が上司になったことに羨望のまなざしを向けたりして、毎日苦しい思いをする。今日自慰をしてしまったから、明日からは禁欲しよう、僕はこんなことをする人間ではないんだ、と自分に言い聞かせる。

「あるがまま」とは、その時々の自分の欲求に対して、否定するのではなく、そのまま受け容れるということなのか。自分のその動物的な貪欲さを、たとえそれが自分でいやだと思っていても、それが今の自分であるのだ。そうした自分を否定して、本当は僕はこんな素晴らしい人間なんだ、と理想を掲げる。

オショーは今の自分を否定するとエゴに捉われ、自分のありのままに生きる事はできないという。そのことが、動物として、人としての、自然な成長を妨げてしまうのだ。

知的な人がいて、「あの人がなぜあんなことを?」といったニュースをみかけると、その人は自分の自然な欲求を否定し、せき止めてきた人なのかなと思う。もし、本来の自分はもっとましな人間なのだと思っているのだとしたら、その人の成長は停滞する。だから僕は本当は貪欲で好き嫌いが激しくていやらしい人間だ、と思っているほうがいい。となると、今度は罪悪感に苦しんでしまう。「ああ、僕はなんてダメな人間なんだろう」じゃぁどうすればいいんだろう。

受け容れるという言葉の意味するところは、自分の貪欲さも動物的な側面も、それが自分の心の中にあるものとして認めるということなのだろう。そしてそれを善悪の価値観で評価しない。もし、それをやってしまうと、結果偽りの自分を、理想の自分を本来の自分としてエゴは創り出してしまうのだ。

しかし、では、その時の貪欲のままに生き、快楽や物質的な欲望、権力欲などにとりつかれていればいいとでもいうのだろうか? それが疑問だった。

|

« ありのままの自分(3) | トップページ | ありのままの自分(5) »

シャンバラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/45584764

この記事へのトラックバック一覧です: ありのままの自分(4):

« ありのままの自分(3) | トップページ | ありのままの自分(5) »