« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

悲しみの純粋なハート(2)

世界とじかに向き合えるためには、自分自身が正直に自分にも相手にも接することができ、双方への基本的な善良さへの絶対の信頼がそこにはある。人に隠れて秘密を持ったとしよう。それは他者に知られると、自分の人格が疑われることを当人は恐れているのだ。実は、そうした恐れは、相手に対していまの自分以上に良くみせようとするところからくる背伸びにすぎない。そうした背伸びが、ありのままの自分の姿を受け入れることを拒み、相手にもなによりも自分に対しても偽りの自分の姿で生きようとすることになる。これがすなわち偽りの自己として、無駄に生き続けることにつながる。成長とは、自分のなかの厭だと思っている部分と向き合い、それを受け入れることから始まる。その意味で今のありのままの自分を受け入れないということは、そういう現在の自分の本音を恐れ、他人の評価を恐れることになる。その恐れとは、自分自身が取るに足らない存在、罪深い存在だと、潜在意識に焼き付けた結果なのではないかと思う。

基本的な善良さとは、個人のなかで自我が成長する以前の、生物学的な本能も含めた自然の法則に乗っ取った健全さを云うのではないだろうか? それは自分も含めた生き物に対する絶対の信頼性とでもいう見地がそこにあるように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

悲しみの純粋なハート(1)

人間の中にもある「基本的な善良さ」とは、それが人の頭で考える善悪の基準を超えている。それは、良いとか悪いとかを判断する以前に、無条件で存在する。

「基本的な善良さ」が良いものであるのは、それが無条件のもの、根元的なものであるからだ。大空と大地がそこにあるのと同じように、それはいつもそこにある。

私たちのこの体も自然の法則にのって働いている。心も健全に世界を認識することができる。太陽や空がいつもそこにあるように、私たちの醒めた意識も、頭で考えるようになる以前に存在している。

一歩進んで、基本的な善良さとは何か?

と知りたくもなる。それは自分の所有物ではないけれども、人間が持つに値するものだという。それは自分の中のありのままの存在を許すということであり、それが自分自身への純粋な共感や思いやりを発達させることにつながるのだという。

自分の中の良さを発見する試みのなかで、また自分の精神状態と真正面から向き合うことによって、目覚めたハートを目覚めさせることができる。ハートを目覚めさせたら、自分の中の空間が空っぽであることに気づくようになる。そしてむき出しのハートで世界を見るとき、とても敏感になり、新鮮な感じがする。その空っぽのハートが満たされているという感じから「悲しみの純粋なハート」が生まれてくる。著者)

私は「この悲しみの純粋なハート」というものがよくわからないでいるが、この優しく悲しいハートの経験が、勇者にとって重要な恐れのなさを獲得するのにつながっているのだと著者はいう。

ほんとうの恐れのなさは優しさから生まれてくる。それは世界があなたのハートに、むき出しの美しいハートに触れるのを許すことから始まる。あなたは恥ずかしがったりすることなく、自分から進んでハートを開け放って、世界とじかに向き合う。(著者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

依存と恐れ

恐れの正体のひとつに、依存がある。

職場への依存であれば、退職する、させられることへの恐れ、友人や恋人であれば、裏切られ、失望されて別れられてしまうことへの恐れ。家族ならば、その中の誰かが病気か突然の事故で亡くなってしまうことへの恐れなどがある。

これらは、恐れというより普段は漠然とした不安感となって表れていることが多い。

とにかく不安を感じ続けているなら、その不安の大きさに応じて、人は誰かに依存し、そして執着している。

私たちは、人生ほ荒波にもまれず、平和でしあわせのうちに穏やかに過ごしたいと考えている人が多いと思う。毎日が、何が起こるかワクワクして過ごす人は少ない。

恐れのなさを体得している人は、この社会の不安定であることを認め、世界が絶えず移り変わっているのだという深い認識のうえで生活しているだと思う。

その人生の節々で何が起ころうと、あわてず、たとえ自分が今、死ぬ状況に置かれても決してたじろがない人を恐れのない人だといえる。生は不安定な世界の土台の上に築かれている。

そういう意味では、誰かに依存し、執着している人は、毎日が落ち着くことがない。頼りにしている人を失った時、1人では立っていられないからだ。

そうはいっても、依存しない生き方など私たちの多くには到底できそうもない。

依存しないで生きるということは、家庭を持たず、自分の思うがままに、いつどこで自分がどうなっても良い生き方に他ならない。だからといってその人は、安定した毎日のお決まりの家庭生活ができないということではない。それまでの安定していた生活からいざ、自分の気持ちが別の仕事をやりたくなったとか、新たに違う生活をしてみたくなった時に、人や環境に対する執着心がないがためにすんなりと切り替えられるということである。

依存は人間の成長にとっても必要な支えになっている。しかし、もし人がそのうち支えなしに歩く段階にきたのだとしたら、それは取り払われねばならない。

恐れのない人に憧れることはあっても、今の私は依存だらけである。それゆえ、依存するものをいつか失ってしまう悲しみを乗り越えたところに、恐れのない境地が見えてくるのかも知れない。

依存は決して悪いことではない。しかし、依存ゆえに、自分の人生に対する冒険や挑戦する意志をなえさせてしまうのも現実である。私たちは、世界の真理を探求する者としては、この依存心を克服する必要に迫られている。依存や執着をのり越える、それは、家族や地域社会を超えた、人と人とのつながりの可能性に挑戦する心を導き出すことにつながっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

恐れのなさ

私たちは、数多くの恐れをみないで済むように、毎日せわしく動き回っている。そのほとんどの行動は、実は恐れを感じないですむための試みなのかもしれない。

一体何に対して、恐れているのだろう?

一番恐れていることは、身近な人の死、そして自分の死ということ。

自分の死という現実はいずれやってくるのだが、健康上の理由で、私たちは絶えず自分が健康であることに注意を向けて、死が遠くにあることを願っている。この有限な人生のせいで、人々は臆病になり、死について考えるのを避けようとしている。

もし、このような潜在的な死についての恐れが私たちの人生の背景にあるのだとしたら、そのせいで、人生の半分以上は台無しにしているような気がする。

逆に死んでいる自分からみた人生という風に考えるのであれば、もっと生というものを楽しめるのではないのだろうか?

それはなにも生まれ変わりというものを持ち出しているわけではなく、死後も続くトータルな覚醒した意識状態を想定して云うのである。個人としての人生はそこで終わったとしても、それまでに生きて感動したことの数々が、新しく生まれるであろう人間の意識に引き継がれるという手がかりが欲しいのである。

恐れのなさは自分の人生の勇者になるのに必要な資質であるようだ。

勇者はハートに悲しみであふれ、そのことが彼をどこまでも優しくて素直にさせる。

勇者の優しさは情熱を秘めたものになってゆく

身まわりで起こっていることにハートを開かずにはいられない。

ハートを開くということが、悲しみのハートを成長させ、まわりで起きていることに対する深い悲しみと、優しさが表れてくるという。

ほんとうの恐れのなさは、恐れが少ないことではなくて、恐れを超えることだ。‥‥

恐れを超えることは、私たちが自分の恐れー不安、心配、悩み、落ち着きのなさを吟味することから始まる。自分の恐れの中身を見たときに、その見かけの下をのぞき込んだときに、私たちの目に入るのは悲しみだ。不安の下には悲しみが潜んでいる。

不安の下には悲しみが潜んでいる。

恐れを乗り越えるには、不安に潜む悲しみを感じるまでハートを敏感にさせるということなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »