« 基本的な善良さ(2) | トップページ | 基本的な善良さ(4) »

2012年2月25日 (土)

基本的な善良さ(3)

基本的な善良さはいつも優しさと結びついた形で表れてくる。この優しさは弱よわしい、生ぬるい、温室育ちの優しさではなくて、毅然とした、熱意にあふれた、覇気のある優しさだ。その意味では、優しさは疑いの不在、または疑いのなさの経験から生まれてくると言ってもよい。(シャンバラ、勇者の道、著者)

外面的にいつも優しく、徳にあふれたように見える人がいる。しかし、彼がいったん家庭に入ると、妻や夫に対して暴君のように支配し、勝手きままに物事をいいつけたり、小言を言ったりする、そういう人たちは優しさの偽善者だと言えるだろう。彼らに必要なのは心の浄化である。心に溜まった憎しみや恨み、対面で他人に対して言えなかったことが溜まっているために、それはどこかで吐き出さなければならない。

和尚は云う

いわゆる「いい人」たちというのは、実際は死んだも同然の人たちだ。だから他人が何と思っているかということにかかずらわないこと。他人が抱いているあなたのイメージなど気にしないこと。

気にすればきにするほど、他者向けの仮面をかぶり続けなければならなくなり、しまいには一体どれが本当の今の自分の顔なのかわからなくなってしまう。今の自分の現実の顔を認識することから、そこからでしか、人の成長は始めることができない。

浄化から始めるがいい。そうすれば、すばらしいものがあなたのなかで花開く。それはひとつちがった質のもの、異なった美しさ、まったく異なったものになる。それは本物だ。

(瞑想:バグワンシュリラジニーシ めるくまーる社から)

自分の中に、偽りの要素をため込んではいけないのだとわかる。自分に対して誠実であることが、自分自身への絶対の信頼を得るための前提なのだ。思っていることと、相手に話していることが食い違うということは、相手のしゃべる内容についても絶えず、本当にそうだろうか? と疑問を抱かざるを得ない。だからといってあなたは相手と同様、自己欺瞞に陥り続ければ、決して本当の優しい人などになれないだろう。

|

« 基本的な善良さ(2) | トップページ | 基本的な善良さ(4) »

シャンバラ」カテゴリの記事

コメント


自分に対して誠実であることが、自分自身への絶対の信頼
を得るための前提

分かる気がいたします
自分に素直に、正直に、とうことですね


ありがとうございます

投稿: ponsun | 2012年2月26日 (日) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/43983643

この記事へのトラックバック一覧です: 基本的な善良さ(3):

« 基本的な善良さ(2) | トップページ | 基本的な善良さ(4) »