« 相手より一歩前 | トップページ | シャンバラ 序 »

2012年1月 3日 (火)

正しい思念

正しい思念とは、「無為にして為す」という意味で使われる。それは自我の思考が静まり、こころが神によって動かされるときのことをいうのだと和尚は云う。何が正しくて何が間違っているのか判断するのは依然として自我の思考活動の領域であるというのだ。

自我の思考活動によるものは全て間違っており、自我からくるものは自分を苦しみのなかへ連れていくという。

和尚いわく

 自我を落とし、ものごとが起こるにまかせなさい- 風が吹くと樹が揺れ動き、太陽が昇ると鳥たちが歌いだすように<全体>に身をまかせきってしまいなさい。あなたはこの生を独りだけで生きているわけではない。神があなたを通して生きるがままにさせなさい。そうすればすべてがよきものとなる。神から生まれるものはすべてよい。

|

« 相手より一歩前 | トップページ | シャンバラ 序 »

瞑想」カテゴリの記事

コメント


自我を落とし、ものごとが起こるにまかせなさい- 風が吹くと樹が揺れ動き、太陽が昇ると鳥たちが歌いだすように<全体>に身をまかせきってしまいなさい。あなたはこの生を独りだけで生きているわけではない。神があなたを通して生きるがままにさせなさい。そうすればすべてがよきものとなる。神から生まれるものはすべてよい。


まったく同感です!

年初にふさわしいメッセージ、ですね


ありがとうございます

投稿: ponsun | 2012年1月 6日 (金) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/43610617

この記事へのトラックバック一覧です: 正しい思念:

« 相手より一歩前 | トップページ | シャンバラ 序 »