« 情報(2) | トップページ | 相手より一歩前 »

2011年12月17日 (土)

右手と左手

自分は正しいことをしている、天に誓って恥ずかしい行為はしていない、などと言えるひとは一体どれだけいるのだろう?

右手でどんなに人前では立派なことをしていても、左手ではそれこそ人格を疑うようなことをしていないだろうか?

そう考えると、立派な行ないでさえ、欺瞞に思えてくるのです。

私たちは、自己矛盾を抱えて生きています。

私たちは、多くの人格の多面体であり、おそらくそれらは、自分の中では整理されていない。だからこそ、こうして人間をいつまでもやっているのかもしれない。

「世界は自分を映す鏡だ」とよく言われる。世界は、自分のさまざまな側面を反映しているのだろうか? そこに他人の行ないを通して、「私はあんな風にはなりたくない」とか「あの人のようになれたらいいな」という想いを抱き、その想いが自分自身を変えていくのではないだろうか。

多面体でばらばらな心の中が、自分の深化した意識の中で統合されていくのだろう。

いろんな人に影響され、右に寄ったり左に向いたりするのは、その人たちの性向が自分の中にもあることを示している。そしてそのことに気づいたとき、それらの人格はより魂の深みの中でよりひとまとまりな意識に収束していく。

人が、自分に帰る過程は、世間に映し出される数多くの人格を自分の中で意識し、統合していく過程でもある。

もし、人前で、裏表のない自分になれたら、はっきりとそう言い切れる日が来るのなら、人は変われる。それまで色々な方向に向いていた心のエネルギーが、自分の意識の中心に向かうからなのだろう。そしたら、あとは、その流れに乗るだけ。

偉大な人というのは、社会でどれだけ成功した人か、どれだけ有名になったとか、どれだけ尊敬を受けてきたかということではない。

どれだけ、自分の人格をより拡がった意識に自分の中で収束させてきたということではないのか?

真に、裏表のない人間になりたい、そうなれてこそ、尊敬に値する。

自分が尊敬に足るかどうかは、それに尽きるのではないだろうか?

右手でしていることと、左手でしていることが同じ方向に向かわない限り、私は決して神の前で自信も持てなければ、謙虚に、そして純粋になることもできない。

少なくても、「恥ずかしい」と思う心はいつも持っていたいし、それを自分自身の戒めとして謙虚にありたいものだ。

|

« 情報(2) | トップページ | 相手より一歩前 »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/43340564

この記事へのトラックバック一覧です: 右手と左手:

« 情報(2) | トップページ | 相手より一歩前 »