« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月24日 (木)

恋ごころ(2)

他人を愛するということの一番のレッスンは、恋愛だと思います。人は誰かを好きになるとき、単に生理的な吸引力だけではなく、理由のない相手の魅力に惹かれるのだと思います。それは突き詰めれば、ちゃんとした生物学的な理由、心理学的な理由があるのだろう。

しかし、それらは私たちに恋愛のきっかけを提供してくれる。

恋愛のもたらすものは理不尽である。結婚と違って単に経済力があるとか、身長が高いとか、それだけの条件で相手を選ぶということがない。また、そういったものは恋愛には必要ない。恋愛が、結婚に結びつくのであれはなおいいのだろう。

恋愛が、その人にもたらすものの最大の恩恵は、それによって無償の愛の入り口となることであると言える。どんなに自分と趣味が異なっても、性格が異なっても、嫌なところがあっても、その人に惚れたという現実が、彼を、彼女を無償の、見返りのない愛情を生む下地となっている。ひとを好きになるということはそういうことである。

もし、一人のひとに、普通だったら「あんなにまで尽くしてバカみたい」と傍から思われても、それをすることが真実の愛とは何なのかを知る手がかりになる。

一人の彼、ひとりの彼女を心底から愛するための糸口が恋愛である。もし、人が一生の間にたった一人でも無償の愛で尽くすことができなければ、人は他の誰をも愛することはできない。そのとき人は、単に自分のための見返りを期待する愛情しか知らないままである。

たとえ、人類愛に目覚めたひとでも、最初は一人のひとを心から愛することから出発していたのではないだろうか?

恋すること、それこそ、人が無償の愛を知る糸口であり、それを知らずして人生に意味はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

恋ごころ(1)

人は一生の間に何度恋愛するのだろう?

誰かに恋をするというのは、とても心地よいものだ。

それだけならいいが、恋するがゆえのつらさ、寂しさ、その依存性の苦しみも

合わせ持って生きていかねばならない。

それでも、人は誰かに恋することによって、より自分の内面へ深く入ってゆき

その暗闇を少しずつ明るく照らしているのかもしれない。

過去にどんな人に恋したのか、その記憶をたどってみよう。

たとえあんな人だとは思っていなかった、と思っていても、そのとき相手に対して期待し、寄せていた想いの内に、あなたの真実が隠されている。

つまり、相手が誰だとか、どんな人だとかいうことには関係なく、

あなたが、その人に対して抱いていたイメージとか、憧れに似た人間像が、すなわち

あなた自身の隠された本質だったということに気づくことが大切なのである。

わかりやすく言えば、相手に対するあなたの印象は、自分自身を映し出す鏡となって映っているのだということ。

世界は、あなたを映し出す鏡である

それは、世界は私の想いを映し出しているという言い方もできる。

だから、真実の相手の姿などは関係ない、自分が相手に対して、どう思ったか、どう感じたのかということが一番大切なのである。

そのように自分で感じた想いが、そのまま相手に伝わり、次第に相手も、そのようなイメージ通りの人間になってゆく。

もし、そうならないのであれば、それはあなたの想いがまだ不足なのか、あなたが相手に対して持っている疑問や、不信感、不純な動機などによって相手もまた、警戒感、不信感などを抱いてしまうものだということだ。

世界はあなた自身を反映する。

自分が人に恋するときのパターンをみてみよう。

あなたはそれらの恋になにか共通したものをみつけられないだろうか?

それぞれ好きになった人のイメージや性格が違うといいながら、実は相手の性格のなかに

自分自身をみているのである。

それはあなたが、一度は自分が異性になったときに、なってみたかった自分を、恋する相手の姿を通して、現実の姿として立ち現れているのである。

そうして、ひとは多くの恋を経ることで、より自分自身の内面深くにまで意識の光を照らすことができるようになる。

そうやってあなたは、より自分自身の心の厚みと深さを知るようになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

子供へのいざない(2)

私たちは、一人ひとりが既に個性的であり、その種子を宿して生まれてきている。

このことは、一人ひとりの誕生がそれぞれに意図的なものだったからだ。たとえそのことを覚えていようと覚えていまいが‥

OSHO曰く

‥人間のほうが、そのもとで生まれるべき星座を選んでいるということだ。自分の天賦の可能性が何であれ、前回の生が全体としてどんな形をとったにしろ、また動機となる意識が何であれ、人は自分がなりたいものに従って、それにふさわしい星座のもとに生まれる。どの子供も、どの新しい命も、特定の瞬間にこだわる。子供は特定の瞬間に生まれる事を望み、新しい命は特定の瞬間に受胎することを望んでいる。両方とも互いに依存し合っている。(隠された神秘:市民出版社より)

新しい命は、神の分霊、子供は、過去生の記憶の総体であると解釈している。

私たちは、特定の時代を、社会を選んで生まれてきた、そしてそこで何かをなし得たかった。そしてまた、同時に分け与えられた命に対して、自分なりになすべきこと、自分にできる何かを示されてきた。そのことを私たちは、大人になるに連れ、見失ってしまっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

子供へのいざない(1)

もう一度子供になりなさい

それであなたは創造的になれる

子供はみんな創造的だ

創造性には自由が必要だ

(マインド)からの自由

知識からの自由

偏見からの自由

(OSHO:ニューチャイルドより)

イエスキリストも、天国の王国に入るには、(幼な子のようになせなければ)と言っていた

そこらへんにいる子供は可愛いかもしれない、純朴であるかもしれない。しかし、その純朴さは無意識であるがゆえに、社会的な悪にも善にもどっちにも染まる可能性を秘めている。和尚はもう一度子供になりなさいと言っている。このもう一度というのが、いったん大人として、それぞれの生きる社会に染まった身が、また子供のような純粋さを取り戻すということなのだろう。

子供に戻るというのは容易ではない、しかも、以前のような子供の時に戻るだけでなく、あくまで意識的に子供に帰るということでもあるのだ。

子供に戻ったとき、再びとり戻せるものが「自由」と「創造性」だ。

これらは、私たちがどのように生き延びていくかではなく、どのように生きるか、生きたいかをしめす指標になっているからだ。自由がなければ私たちは単なる生活者として、生存競争に明け暮れてこの人生は終わってしまう。創造性がなければ、私たちは決して新しい未来の扉を開くこともできなければ、真実の神秘の海にたどり着き、感動を覚えることもない。

わたしたちは生来、この「自由」と「創造性」を携えてきた。

社会のいわゆる画一的な教育制度によって、私たちは知らず知らずのうちにこの両翼をもぎ取られてしまっていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »