« 自分自身の創造(3) | トップページ | 自分自身の創造(4) »

2011年4月24日 (日)

原子力発電

原子力発電を続けることについ先日、NHKの世論調査?[現状維持]と「止めるべき」と答えた人が、合わせて44%になった

一部の調査なので判断はできませんが、これだけ自国が危機に瀕しているにも関わらず、過半数に達していない、そして原子力発電をやめるべきという回答が2割程度というのはとても残念に思います。

今回の原発事故で、明るみに出た国と電力会社の癒着が浮き彫りにされたにも関わらず、

です。

国民がこぞって原発廃止になぜ賛同しないのか、恐らく原子力発電所で働く人々の実態をあまり知らないからなのだろう。

安全を強化すれば安定した電力供給がされるという政府の表向きの見解にも関わらず、原発稼働の危うさがこれまでに何度も露呈してきたいきさつがある。

作業員の労働環境や、原子炉の点検体制が企業利益優先のためにないがしろにされてきたのではないかと、疑いを隠せない。

国の電力供給の約30%が原子力でまかなわれている現状で、人々は生活様式や水準を落として、不自由な暮らしになってしまうのが嫌なのだろうか

?

なるほど原子力産業は単に、国や電力会社だけでなく、銀行や投資家、関連する中小の下請け企業、そして原発を受け入れる自治体を潤してきた。そうした人たちにとって原発は推進すべきものである。しかし、原発の恩恵を受けてきた人たちはほんの一握りの人たちであり、しかしいま福島では、その恩恵にあずかるどころか、自分の土地にさえ住めなくなってきてしまっている。

自分たちの今の暮らし向きが良ければ、未来のことはどうでもいいのだろうか

?

使用済みの核燃料のなかに自然界では存在しないプルトニウムが存在しているという。そこから出す放射性物質が収まるのは何万年以上も後の話だ。だとしたら、そうした核廃棄物を一体どこに埋めようというのか

?

誰も自分たちの住んでいる近くの土地の地中に埋めて欲しくはない。その処理問題さえ解決していないのだ。それよりも、原子炉が稼働すればするだけ核廃棄物が出てくる現実があり、このことは、未来に生きる子孫に対して安全に過ごせる土地や環境を奪い去ってしまう行為でもあるのだ。

日本中の、いや世界中のどこかで絶えず放射能が微弱ながら出ていたとすれば、少なからぬ影響は免れない。未来に生きる子孫のために、そして生まれ変わる私たちのためにちゃんとした環境を残しておくのが我々の責任であると思う。

いまさえ良ければという考え、自分たちさえ良ければという考え方は、ゆく先の自分たちの首を絞める事につながっている。

一方で、地球が、この人間という生き物の支配する世界を一度整理したいと思っているのだろうか

?

世界は、今この地球で生きる人々の総意で動いている。だとしたら、否定的に考える人たちの想念が強ければ強いほど、人類の未来は暗いものになる。

私たちは、ひとり一人が、どうしたら地球で住み良く暮らせるかを、まず考えて行動していかなければならない。安心して住む事の出来る土地がまずあって、そこからでしか、それぞれの夢や希望を語り、進んでいくことはできないのである。

今さえ良ければという考えでは、結局、未来の自分たちに夢や希望を語る安心した活動の場すら奪ってしまうことにつながっていくのではないでしょうか

?

私たちの今の状況は、事故に対する防衛ができていないだけでなく、きちんと核廃棄物を処理する知識さえも身につけてはいないという、恐ろしい状況なのである。であればこそ、果たして原子力発電を続ける資格が、その恩恵を受ける理由が私たちにあるのでしょうか

?

|

« 自分自身の創造(3) | トップページ | 自分自身の創造(4) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

今この地球で生きる人々の総意で動いている

そのとおりだと思います

皆が、やがて、いつか愛のエネルギーに気づくときが
到来すると信じております


ありがとうございます

投稿: ponsun | 2011年4月24日 (日) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/39718252

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電:

« 自分自身の創造(3) | トップページ | 自分自身の創造(4) »