« 真善美(9) | トップページ | 真善美(11) »

2010年8月14日 (土)

真善美(10)

善悪を超えて(2)

覚者、いわゆる<気づき>の人、光明を得ることは、あなたの本性、真の仏性であるという。この本性に従えば、自らの内的な光に導かれた行為しかなさないため、間違った行ないはなされないという。その行ないは自らの内側から自発的に溢れ出してきた行為であるがゆえに善悪を超えているという。和尚は云う。

「覚者は自らの意識よりほかにいかなる戒律にも従わない。彼らは自らのともしびよりほかにいかなる経文にも従わない。彼らは何に従うこともなくも何を破ることもない。

彼らは善も成さず、悪も為さない。彼らはただ、善悪を超えた内発性から行為する。」

悪を為さないが善も為さないとはどういうことなのだろう?

この世界が善い種を蒔けば、善い結果が自分に戻ってくるからには、人は善い行ないをいっぱいしたいと願うものである。それなのに善も悪も為さずとは?

これは、私たちの因果律の世界、つまり生まれ変わる輪廻の世界から解放された状態を光明を得た人は達成していることを意味している。そこには個人として識別できる、ひととしてではなく、和尚が使う「臨在」「存在」「無心」「観照者」「純粋な意識」と同等な状態を指しているものと思っている。

覚者は真理を体得した者とされているが、真理とは既に「そうあるもの」そしてそれは永遠であり、生の神秘であり、それについて私たちが言及できる筋合いのものではないことを伺わせる。それは「ひとつあるもの」ということはできない。それはまた、ひとつということもできないのではないだろうか‥

「そうあるもの」が私たちの本性であり、それは別の言い方をすれば「慈悲」と言えるのかもしれない。

この世界が覚者からすれば幻想であるならば、では真実の実相は何なのか? 永遠の生とは何なのか? 

「変わることの無いもの」それこそ、わたしたちの本性に気づくことが価値あるものを探し求めてきた答えであり到達点である。しかし‥

和尚は、既にあなたは全体と呼べるもの、つまり「そうであるもの」から「道」から外れたことなど一度も無かったのだといい、問題は、今まで気づくことのできなかった原因である、「私のこころ」という幻想、そこから派生してきた、私の所有物、私の思考、私の感情、‥ このこころのなかにあるがらくたを一掃して「静寂」になることを勧めている。

以上太字:「ボーディダルマ」OSHO,めるくまーる社,引用

|

« 真善美(9) | トップページ | 真善美(11) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/36160489

この記事へのトラックバック一覧です: 真善美(10):

« 真善美(9) | トップページ | 真善美(11) »