« 真善美(7) | トップページ | 真善美(9) »

2010年7月23日 (金)

真善美(8)

<気づき>が自分自身の内側に起こらないかぎり、すべての文化は誰にでも容易に破壊されてしまう薄皮でしかない。だがひとたび、道徳が一定の訓練からではなく、自己の覚醒から生まれてきたなら、それは全面的に違ったものになる。そうなったら、あなたはあらゆる状況に<気づき>から応ずることができる。あなたのするあらゆることが善になる。

私たちはまだ覚醒していないが故に、悪を犯してしまう。その悪とは破壊的な行為、生のあらゆる営みを傷つけ、破壊してしまうという行為だ。誰も自分を傷つけられたくない。そのためにまずは相手を攻撃しようとは、何という貧しい発想なのだろう。現実はそういう人たちが多勢であるということを認識せざるを得ない。自分達? という幻想の砦を守るために、自分を脅かされることの恐れから他人?を攻撃する。その醜さをまず理解しなければ、私たちは決して変わることができない。

<気づき>があるとき、なにひとつ悪を犯すことはできない。それが<気づき>の究極の美しさだ。なんであれ<気づき>から出てくるものは、純粋に美しく、純粋に正しく、いかなる努力もなく、実践もない。

気づきの過程とは、世界の真理についての深い洞察を超えて自分が真理そのものになるということ。言い換えれば、世界を息づかせる「道」タオそのものに立ち戻ることを意味する。

そのとき、人は過ちや間違いを犯さなくなる。命あるものを傷つけようとしなくなる。非暴力は気づきからもたらされ、それは善であり、美しさである。その行ないに努力は必要ない。なぜなら、それはあなたの本性そのものであるから。

私たちは、自分の中の神聖な本性に気づいていない。自我という幻想で曇らされた幾つもの自分を「これが自分だ」と誤認しているのに過ぎない。そういう意味では私たちの心の闇は深いものがある。その深さゆえに、この輪廻転生の世界が存在しているのかもしれない。

真理への情熱は気づきをもたらし、気づきfは美しさと、無条件の善き行ないをいざなう。

ここに真理と善と美が繋がっている予感がするのである。

もっと意識的になりなさい。そうすれば、あなたを通じて起こることはなんであれ<存在>をさらに美しくし、さらに神聖にし、さらに完成させる。<気づき>はあなたに花々をもたらすだけではなく、何百万人もの人々にかぐわしい香りをもたらす。

あなたを通じて、存在の化身の1人であるあなたを通じて、その純粋な美しさを、全き善をこの有限の世界に顕そうとしている。

無限の世界は完璧なのだろう。その世界が私たちを通じて、この世界をより美しい世界にしようとしているのではないだろうか?

<気づき>は神への扉を開ける、黄金の扉だ。

以上太字:「ボーディダルマ」OSHO,めるくまーる社,引用

|

« 真善美(7) | トップページ | 真善美(9) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/35867173

この記事へのトラックバック一覧です: 真善美(8):

« 真善美(7) | トップページ | 真善美(9) »