« 家族について(6) | トップページ | 家族について(8) »

2010年3月27日 (土)

家族について(7)

子供が愛情豊かに育つ土壌として、自分が愛され、その愛情深さを自分自身が十分に得られることが、必要です。そうした意味では必ずしも今の家族制度が正しく機能しているとはいえないことがわかってきます。

家族の中に自分のことを本当に愛してくれている、そういう雰囲気があってこそ、家族なのだと思います。そうしたことから、まず、結婚する男女の意識のあり方は今後どうなっていくのでしょうか?

今までは、好きという気持ちも持てずに結婚する人たちが少なくないのが現状でした。

自分が売れ残らないためにあせる場合、適齢期になるとみんな面白いように次々と結婚していく時代がありました。男性に多かったのは、世間体とか家事をしてくれるひとが欲しいとか、とにかく子供が欲しいので早く結婚したいとかいう場合でした。

長い間、家同士のつながりで生きてきた日本にあって、そのスタート台にさえ立てない人が未だにいるのかもしれませんが、今はとにかく本人が納得するまでお見合いなり恋愛なりしてみようという、冷静さがあるように思います。そこにはとことん、自分に見合った人を捜そうという個人意識の高まりがあるようです。

ところで、相手のことを好きという気持ちが単に欲しいものを手に入れる感覚でいる人たちも少なからずいると思います。つまり、相手のことを尊重することのできる大人に成り切れていない人たちの結婚は失敗に終わってしまいます。彼らは愛し方がわからないのかもしれません。

経済状態に困らない女性では、適齢期だとかであせらずに結婚を考えている人も多いと思います。彼女たちは心の中の異性像に導かれて外の世界でそれに当てはまる男性を捜そうともがいています。

つまるところ、外の世界の異性は自分のなかの異性像に気づくためのきっかけに過ぎません。自分の中の異性像に気づくまで人は外の世界で対象となる異性を代え続けるか、連れ添いの居るひとは,相手に対してしっくりしない部分を呑み込んで我慢し続けるしかないのです。そういうことがわかってくると、ひとは結婚制度そのものにますます疑問を持つようになるのでしょう。

自分の中の異性像を意識し始めた人、家庭を持ちたくても持てない人たちにとって結婚制度は悩みの種以外の何ものでもありません。結婚するということは、結婚式とか儀式に対するハードルの高さもありますが、家と家のしがらみから抜けられないめんどうくささが絡んでいると思います。もっと気軽に男女が一緒に生活できればいいのですが、そうなると結婚の意味が薄れてしまいます。

結婚生活は二人で始める人たちが増えていますが、家族の問題の多くは、この二人で始めるところから来ていることにあなたは気づいていますか? 二人で始めるのはわかるのですが、そこには世代間のコミュニケーションの重要性がありますが、現代は世代間の交流が難しくなっているのかもしれません。

プライバシーとしての結婚生活を維持しつつも、家族という世代間の断絶をなくした家族の在り方を探りたいと考えています。ここでも生きた知恵は、ネットからではなく、そばにいる誰かでなければならないように感じます。

要するに、人は誰かに見守られることなく、しあわせには生きてはいけないということ、なのだと思います。

だったら、しあわせに生きていくために家族生活はどうあるべきなのか? 私たちは現実の家族生活が決して幸福では在り得ないことを認識しなければ、決してこういった問いを発することはないでしょう。

あなたは今、誰かに見守られて生きていますか?

|

« 家族について(6) | トップページ | 家族について(8) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/33961518

この記事へのトラックバック一覧です: 家族について(7):

« 家族について(6) | トップページ | 家族について(8) »