« 家族について(1) | トップページ | 家族について(3) »

2010年2月26日 (金)

家族について(2)

結婚難

 ひと昔前までは、政略結婚や、お見合い結婚など、当事者にお互いの愛情が感じられなくても結婚することが可能でした。今はその大半が恋愛結婚です。しかしいくら恋愛して結婚したところで、愛情がそのうち醒めてしまうかもしれない。そう考えた時、人の愛情のうつろ安さを感じてしまうのです。だったら、一緒になってからでも愛情が芽生えるかもしれない。そう考えると、お見合いでも恋愛でも、結婚するのにどちらでもいいではないかと考えます。

私たちが考えている愛とは、あくまで自分の利益中心で考えるところの愛です。相手の中に自分を投げ出すというものではありません。セックスにしたって自分が満足したいがために相手を選んでしまうものであって、それは動物的な本能に基づいています。自分のペースで生活し、それに見合った相手を捜している現代人はますます結婚ということが遠のいてきてしまいます。また、昨今の就職難から正社員になれない男性が、収入の不安定さから結婚できない状況も生まれてきています。一方で結婚しなくても生活していける人たちが、あくまで自分の理想を描いてそれを追い求め続ける人たちがいます。もう一方で結婚したくてもできないでもがき続けている人たちがいます。

仮に結婚できたとしても、私たちの大半は、相手のなかに神さまを見たり、見返りを期待しない愛情を注いでいると断言できる人は一体どれだけいるのでしょうか?

本物の愛を知らない人たちの結婚は、そこから生まれてくる子供たちにも当然影響を与えます。子供は唯一家族の本物の愛情から育ち、成長していくのです。

現代の家族とは、愛情を注がれなかったために、誰かから愛情を与えてくれることに飢えている家族であり、そのような家族がひとり一人を守り育てていくことなど到底できないのではないでしょうか?

両親ができなかったら、その上の世代がカバーしていく、または家族の誰か1人で良いから愛情を与えられる人でいることが大切です。現代の家族ではそれが叶いません。それなら三世代家族に戻れるかと言えばそれもできない状況であるのだと思います。

いまだに日本社会は、家庭より会社中心の社会です。定年になって家族が崩壊して初めて、いままでの努力は何だったのか? ということに気づくのです。

そういう私は家庭中心にならなければならないと思っているわけではありません。家庭に守られて生きてこそ、一人前の社会人として働いてゆけるということです。会社を含めた社会で働く意味は、家庭での人と人との絆があってこそ自分がそこで生かされるのだということです。その絆を社会にひろめようとするところに、人間の本来の姿があり、そこに立ち返ることが自分自身を取り戻すということです。残念ながら、それができずに一人孤独に陥って、愛情や絆を求めてさまようことだけにエネルギーを費やしている人たちは少なくないのではないでしょうか。そうでなかったらもっと社会は住み易くなっていたと思います。

現代の人々は自分のスケジュールで動き、社会に奉仕するなどといいながら、より一層の孤独感に陥っているのではないでしょうか?家庭の基礎が揺らいでいるために、人々はより不安を抱えて仕事をしているような気がします。

|

« 家族について(1) | トップページ | 家族について(3) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/33546059

この記事へのトラックバック一覧です: 家族について(2):

« 家族について(1) | トップページ | 家族について(3) »