« 自由(1) | トップページ | 自由(3) »

2009年12月27日 (日)

自由(2)

私たちは、時間軸のあるこの世界にあまりにもなじんでしまっており、そのために個人の成長とか、目標とか、成るべき自分なばかり焦点を当てすぎているのではないだろうか。

私たちの本性が神の分身であるならば、本来が清浄なはずである。それがその時々の時代の社会に養育された結果、型にはまった意識を持ち、型に捕われた社会規範を持って社会生活を営んできている。その意識の基礎には、その時々の集団的意識がある。その時代に特異な意識に縛られているために、個人が生まれつき持っている神から与えられた本性を発揮し、生き抜くことができないでいる。それはつまり、個人が真に生かされないという幼稚な社会の歴史をたどれば明らかである。そしてこのことはこれまでに多くの人たちの気づきの可能性を拒み続けてきた。

私たちがいままで社会から教育されてきたことは、いかにその社会に沿った無難な生き方ができるかであり、その社会になじまない者は生きてはいけないというもくろみのもとになされてきたことである。狡猾でずるがしこい考え方も、社会規範のなかに組み入れられてしまえば正当化されてしまう。

国会議員の決める法律が必ずしも的を得ていることは少なく、その殆どは、自分たちの都合の良い様に作られてきている。

一例を挙げれば、税金の複雑さに疑問を持ったことはないだろうか?

個人が本を買ってそれこそ勉強しなければ、還付申告もできないような税金の取られ方に疑問を持ったことはないだろうか?

公務員たる国会議員がなぜ私たちの弱者の生活水準を上回っており、議員活動という名目のもとに必要以上に色々な恩恵を受けたりなぜできるのだろう?

それは百姓と代官とい搾取するものとされるものという、つい最近の構図となんら変わることがないではないのではないか。

「政権交代だ」といいながら私たち選挙民のすることといえば、自分の思うような政治がなされないと、別の議員にすぐに目を向いてしまう。単に非難することを考えるばかりで、私たちは、自分に何かをして欲しければすぐ他の誰かや政治に頼ってしまう、何よりもそういった私たち自身の態度に問題があるのだと考える人は少ない。

私たちはこの誰かに絶えず依存していたい心がどこかにある限り、いつも誰かの奴隷であり、決して自分自身の主人となることはできない。

|

« 自由(1) | トップページ | 自由(3) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/32758686

この記事へのトラックバック一覧です: 自由(2):

« 自由(1) | トップページ | 自由(3) »