« 野心(2) | トップページ | 総選挙前 »

2009年7月25日 (土)

無力(1)

誰かの助けになりたいと思うとき、いつも挫折してしまう。

なぜ私は身近な人々、相手の苦しみから救い出すことができないのだろうか?

この自分自身の無力だと感じることは、自分が自身を悟っていないからだということはもちろんであるが、少なくとも自分の考えによって相手をその苦しみから救うことはできないという絶望がそこにはある。

自分の考えることなどよく考えたら、人を救うだけの力などないのではないか。そう思えて仕方がないのである。そしてそれは真実でもあるのだ。

人の価値観などというものは、簡単に否定してしまえばそれまでなのであるが、

しかし、ひとそれぞれ自分が培ってきた価値観というものは、両親や祖父母、地域社会や国家、その文化圏など色々と影響を受けてきたものであるだけに、そう簡単に自分の価値観を手放すということはできない。

そもそもなぜ自分の価値観を捨てる必要があるのだろう?などと思われる。

私はこう考えます、という「価値観」、その背景には実に多くの人の意見が入り混じっている。

自分に苦しみがあるとき、それは自分の価値観の何かが間違っているということであり、それに気づくすべもない。

一方で、特定の価値基準に従っているからこそ、まともに、自分というものを保っていられるのだ。

 誰でもひとは何らかの価値観にしがみつかざるを得ないし、そうでないと、社会生活などしてゆけないのだ。それだけ人は自分の価値観(たとえそれが無意識にせよ)にしがみついて、自分自身を保っているし、自信の裏づけにもなっている。しかし、それは偽りの自信でしかない。そこでは絶えず自分と同じ価値観を持つ人から認めてもらえなければその自信も崩れ去ってしまうのだ。

しかし、自分の価値観などというものはない。それは幻想に過ぎない。せいぜい社会生活を送るに便利な思考体系だと思ったほうがいい。

そもそも、自然は人の考えることなどそんなちっぽけな思考体系を相手にしない。

人がいくら考えたって真理には程遠いのだ。そのことを相手の苦しみから自分の価値観で救うことができないことをいやというほど知らされてきている。

|

« 野心(2) | トップページ | 総選挙前 »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/30695789

この記事へのトラックバック一覧です: 無力(1):

« 野心(2) | トップページ | 総選挙前 »