« 日本人と自我(3) | トップページ | 日本人と自我(5) »

2009年5月31日 (日)

日本人と自我(4)

感情に流されやすい日本人(2)

 自我の確立した個人に求められる資質としては、①自分にとって必要な情報を取捨選択する能力があること。②自分の選んだ情報を自分の持つ考え方に照らし合わせて判断し、自己の内面に位置付けることができること。などが大切だと思う。

自分の選ぶ情報は自分にとって必要であると判断できることがポイントである。

情報の洪水にあっている現代において、自分がどんな情報を求めているかが大事なのである。そう考えると、自分が何を求めるかにしても、自分自身が少しでもわかっていなくては始まらない。

 鎖国を取りやめてから日本人の多くが、自分の意見を未だ持たないということは、西欧社会のさまざまな文化を取り入れ、吸収するのに役立ってきた。その一方でこの日和見的な態度は、かえって自分たちのそれまでの伝統や文化の持つ意味を見失わせることにつながった。

日本人がそれまでに培ってきた文化の意味合いを忘れかけてしまったのである。

自分の意見とは、それは相手をやり込めるための道具などではなく、自らの考えが、相手とどう違うのかを論ずることである。それは相手の価値基準に対しても寛容であることが、自我の確立した人間の前提であり資質である。そこには個人というものがある。

自分の意見を持たないということ、それは自分の行為に責任をとらないということである。

何をしようと、都合が悪くなったら、世の中にある色々な考え方を持ち出して、自分の行為を正当化する根拠にしようとする。それはつまり、自分を律する行動規範がないことを意味する。だから、「何をやっても正当化される」のが現代の風潮であり、問題ではないだろうか?

人の非倫理的な行為を非難することは誰にだってできる。しかし、非難をするのは自分のちゃんとした意見を持っていないからに他ならない。だからこそ、ある時は、Aの立場に、別の時にはBの立場について、それぞれを批判しようとする。他人を批判したがる人の多くは、必ずといっていいほど、反対側の立場に回っている。それは自我の批難したがる傾向の表れでもある。だからといって、彼らは自分の意見を持っているのではない。それは、他人の批判をすることによって「自分の意見」を持たないことを覆い隠す機会を与える。

他人を非難したり批判する人は、「自分自身の意見」を持っていない。

いま一度、自分の意見を持っていない根無し草ではなく、自分たちの風土や文化に触れ、その忘れられようとしている精神を取りもどすことが必要なのではないだろうか? それは必ずしも日本の伝統文化に触れることを意味しているのではない。身近な自然に感じるこころ、その感性を磨き上げること、美しいものに感動し、美しいものとそうでないものとを見分ける感性を養うことである。

 情に流され易い私たち日本人ではあるが、一方では情報操作に惑わされ易く、集団催眠にかかり易い危険が常にあるということ。

他方ではこの情の深さは身近な自然に感動する繊細さを含んでいる。日本の四季折々の情景が私たち日本人というものを育ててきたことを忘れてはならない。

|

« 日本人と自我(3) | トップページ | 日本人と自我(5) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/29874613

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人と自我(4):

« 日本人と自我(3) | トップページ | 日本人と自我(5) »