« 試練(2) | トップページ | 試練(4) »

2008年12月23日 (火)

試練(3)

 自分が苦しい時、その原因には自分でこしらえた苦しみと、他人から押し付けられた苦しみがある。その多くは、これらの原因が積み重なった複合型だ。けれども、最初にすべきことは、自分からもう苦しみを作らないと決めることだ。本気でそれを決心するなら、物事は整理がついてくる。

 自然なものは何でも、静かに見守りなさい。そして、誰かに押し付けられた苦痛すべてに反逆しなさい。

 和尚は、苦しみには他人から押し付けられた痛みと、自然な痛みがあるという。

 「あなたの痛みのほとんどは、自分で選んだものだ‥」これは真実だ。あなたのあらゆる惨めさ、あなたのあらゆる痛み、  そのほとんどは他人から押し付けられたものではない。他人から押し付けられたものに対しては反逆しなさい。しかし、自分自身で選んだものは落としなさい。それを見守る必要はない。ただ、「自分で自分に押し付けている」という理解だけで十分だ。捨てなさい。見守るのは他人に任せればいい。あなたは捨てるのだ! それを捨てるあなたを見て、彼らもまた、理解するだろう。「なぜ不必要に苦しむことがある? 隣の人たちは彼らの深い悲しみを捨て去っている」と。

 なぜ、自分で自分に苦しみを科すのだろう?

過去の色々な行為や想いから、自分自身を責めてしまった。その結果、後悔と罪悪感にさいなまれたおのれの姿がそこにあるのではないか。ひとは誰しも少なからず過去の過ちに対して、意識しまいと罪悪感を持っている。それが自分を苦しめるような環境を生んでしまうことがある。 

誰かに苦しめられている時、そこには苦しめて欲しい、自分が苦しむのは仕方がないというもう一人の自分が隠れてはいないだろうか?

あなたの嫉妬心、あなたの怒り、あなたの貪欲ー これらはすべて痛みをもたらす。あなたのさまざまな野望、これらはすべて痛みをもたらす。そして、これは自分で選んだものだ。

 自分の所有欲、貪欲から生まれる痛みは微妙だ。それは自分の小さな心から生まれたものであるから、その願いが叶わないとなると自我はイライラしたり、怒り出す。それはあなたが自分の本心を、こうしたいということを相手にずっと伝えてこなかったストレスが溜まったものかもしれない。

また、自我が未熟でわがままな赤ん坊のように、周りを自分の思うように支配できると思いこんでいる我欲の人格支配によってもそれは起こる。

 あなたは既に怒っている。他人に怒りを表す前に、そのことで自分自身をすでに不快にさせてしまっている。その苦痛がある‥。それ自体がひとつの罰の表れでもある。

 自分の怒りにもっと冷静になろう。そして、それがどこから湧いて来るのか。他人が原因なのか、それとも、自分の欲が絡んでいるのか。

 自然な痛みは観ていなさい。静かに観ていなさい。なぜなら、それはあなたの内なる医者が、自然が、病気を癒すための苦い薬だからだ。

‥しかし、何が自然で、何が人工的なのか、はっきりとわかるようにしておきなさい。それに対して反抗できない自然なものであれば、現に在るものであれば、ーそうだとしたら、惨めにならないようにするがいい。そのときには、感謝をもってそれを受け容れなさい。それは、あなたを癒したいと望んでいる。あなたをもっと高い意識の段階に連れて行きたいと望んでいる。見えざる神の手だ。しかし、自然でないものであればーー どんな隷属状態に身を寄せようとも、それはあなた自身の魂を破壊することだ。奴隷として生きるくらいなら、死んだ方がましだ。

  以上太字「ニュー・ウーマン誕生:オショーエンタープライズジャパン㈱発売」より引用

 繰り返そう、苦しみの八割方は、自分で作りだしたものだ。あとの少しに対して、不当な不自然な、運悪く降りかかったものに対してはたとえ身が滅ぼうとも戦い抜く覚悟が必要だ。どちらにしても、自分が真生に生きるということに対して真摯になれということを、これらから読み取れるのです。

|

« 試練(2) | トップページ | 試練(4) »

瞑想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/26422702

この記事へのトラックバック一覧です: 試練(3):

« 試練(2) | トップページ | 試練(4) »