« 尊敬と畏敬(2) | トップページ | 試練 »

2008年11月30日 (日)

本質と実存(1)

 先日、人間はそれぞれ自分の花を咲かせるために存在しているかのように述べました。だとすると、それぞれが自分の花を咲かせるための種を持っていることになる。これが、ひとの本質的な部分だと書いた。この本質は生まれつきのものだろうか?

世界の哲学にはふたつの大きな潮流がある。一方は人間が本質として生まれてくることを信じる。かれらは<本質主義者>だ。人間は完成された状態で生まれてくる、とかれらはいう。それらはあらゆる運命論者たちの考え方と同じだ。

 もう一方の学派は、みずからを<実存主義者>と名乗っている。かれらは人間は<本質>として生まれるのではなく、ただ<実存>として生まれてくるのだという。だが、そのちがいはどこにあるのだろう? 一方は、本質はあらかじめ決定されているという。あなたはそれを自分の生とともに持ってくる。青写真として携えてくる。あとはそれを展開すればいいだけだ。あなたはすでにできあがっている。

 もう一方の学派は、人間はただ<実存>として生まれてくるのだと信ずる。本質が創造されなければならない。本質はあらかじめあるのではない。あなたは自分自身を創造しなければならない。あなたは成るための、在るための方法と手段を見いださねばならない。あなたは、みずからの<存在>を生み出すための子宮にならねばならない。あなたは自分自身を誕生させねばならない。肉体の誕生は真の誕生ではない。あなたはもう一度生まれなければならない。

    「ダンマパダ 永遠の真理:和尚」めるくまーる社より抜粋

 実存という言葉の意味するものは、人はひとつの機会、可能性として生まれてくるということです。和尚によれば、人間は真の意味において存在<Being>となっていない、自分が何者なのか、どこから来て、どこへ行こうとしているのかわかっていない。

 人がみずからの存在をみいだすことはごくまれだ。みずからの存在、本質を見いだすとき、人は覚者となる。

 しかし、その前提条件になるのは、自覚をもって自らの生を選び取るということだ。あなたはどちらにしても選ばねばならない。自覚をもって選ぶか否かは問題ではない。とにかく選択せざるをえない。選びたくなくても選ばねばならないという意味ではあなたは自由ではない。

 ひとはこの世に肉体を授かった。親に一度は、どうして私を生んだの? と言ったことはないだろうか。私は生まれてこなければ良かった、と思ったときはないだろうか?

自分が生まれてきた理由は自分が作ったくせに、そのことを忘れてしまっている。そういう意味では私たちは愚かな凡人である。私たちは自らの人生の責任者であり、自らの創造者であることを忘れてしまった‥。生の苦しみは、ひとえにこの自分自身がどこから来て、どこへ行こうとしているのか、なぜ私は生まれてきたのか、その理由を自分で作ったその理由を忘れたところからくる。

|

« 尊敬と畏敬(2) | トップページ | 試練 »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/25770318

この記事へのトラックバック一覧です: 本質と実存(1):

« 尊敬と畏敬(2) | トップページ | 試練 »