« 生きる意味(4) | トップページ | 見ること(2) »

2008年10月29日 (水)

見ること(1)

見ることとは、愛すること、愛の中でひとつに溶けあうことをいう。

我々はひと時も休むことなく絶えず何らかの思考を通してものを見ている。この習慣のせいで、純粋に見ること、そのものに徹することができなくなっている。

 インドにおいて、形而上学はダルシャンー 見ることと呼ばれている。西洋では「哲学」という言葉を使う。「哲学は」ダルシャンほど価値ある言葉ではない。「哲学」とは考えること、黙考することであり、見ることではない。哲学とは生について考えること、黙考し結論を出すという意味だ。ダルシャンとは、考えることや結論づけることは、いずれも真理ではあり得ないという意味だ。なぜなら、あなたの結論、あなたの思考には、あなたが含まれるからだ。あなたの定義は、あなたの定義だ。

言葉を持ち込まず、ただ直接見るがいい。

 私たちが見ている世界、いわゆる俗世は人それぞれの世界である。それぞれが自分なりに認識した世界を映し出している。その意味では、共通認識している世界というのは存在しない。物理的に同じものを見ているではないか、と言えそうだが、それを見ているひとそれぞれの心を通して見ているから、厳密に同じとは言えない。マインドという心を通してみているからそれは、真実ではあり得ない。

 シャンカラは「俗世は幻だ」と言う。しかしそれは、俗世は存在しないという意味ではない。それは、あなたが現実を正しく見ていないから、物事がありのままに見えないという意味に他ならない。あなたの認識は誤りであり、この「俗世」はあなたの認識だ。それは真理に対するあなたの投影だ。

あなたは真理を知らない。ただそれを定義するだけだ。そして、あなたの定義は誤りだ。「俗世」とは、無知な人間によるブラフマン、すなわち究極の真実の定義だ。

 「私たちは真理を知らない」、ということを常に謙虚に受け止めていないといけない。

 そして、気づきを持って目を開き、そこから愛の潮流が流れ出るとき、あなたはこの同じ世界を違った角度から、違った視点から見るだろう。すると異なる様相が現れ、あなたの定義はすっかり変わる。そのときあなたは、「これまで見ていたものは誤りだった」と言うことができる。なぜなら、このさらに広大な真実に直面すると、あなたの見ていたものは無意味になるからだ。そのときあなたは、「これまで見ていたものは、どれも間違いだった。この新しい展望が、それを帳消しにした」と言うだろう。

あなたの見ること決め手となる。‥

以上、太字: シャワリング ウィズアウト クラウズ OSHO(市民出版社)から引用

|

« 生きる意味(4) | トップページ | 見ること(2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/24848812

この記事へのトラックバック一覧です: 見ること(1):

« 生きる意味(4) | トップページ | 見ること(2) »