« 秋の夕焼け(1) | トップページ | 関係(1) »

2008年9月28日 (日)

空の瞑想(2)

「闇と光の瞑想(和尚講和録)」市民出版社刊 より

  夏、空全体が果てしなく晴れ渡っているとき、その晴れ渡りの中に入る。

 空に瞑想するー 雲ひとつなく、無限に空っぽで、晴れ渡った夏空にー。

それはまったく手つかずであり、その中では何ひとつ動くものがない。その空に思惟する。その空に瞑想する。その晴れ渡りの中に入る。そしてその晴れ渡りになる。

 雲ひとつない大空に瞑想すれば、突然マインドが消え去っていくだろう ‥‥‥マインドが落ちていくだろう。そこには隙間がある。突然あなたは気づくだろうー それは、まさに晴れ渡った空が自分の中に入ったかのようだ。合間が現れる。少しの間、思考は止む。まるで交通が途絶え、動くものが何もなくなったかのように。

 最初のうち、それは瞬間的なものだろう。たとえ瞬間であっても、変容をもたらしてくれる。少しずつマインドは減速し、もっと大きな隙間が現れる。何分もの間、思考が、雲が存在しなくなる。

思考が、雲が存在しないとき、外側の空と内側とはひとつになる。思考こそが障壁だ ‥‥ 思考こそが壁を作り出す。思考があるからこそ、外は外となり、内は内となる。思考がなくなれば、外と内の境界はなくなり、そのふたつはひとつとなる。実際のところ、かつて境界などけっして存在していなかった。境界があるように見えるのは、まさに思考のせい、障壁のせいだ。

 ここで、「マインド」とは蓄積された過去のことと定義されている。和尚は「マインド」について次のように述べている。

 マインドは決してここにはいないし、けっして今にいない。マインドはつねに過去から来る。それは蓄積であり、記憶だ。

 マインドとは、あなたの得てきた体験すべてであり、あなたの遭遇した情報すべてであり、あなたが掻き集めたり、耳にしたり、聞いたり、読んだりして蓄積した知識のすべてだ。マインドは絶えず蓄積している。

 空が必ずしも夏空で晴れ渡っている必要はないと思う。今の秋空は色々な形の雲が横切っていきます。私は、その雲の隙間に覗かせる青空の晴れ渡りの瞬間に瞑想したりしています。むしろ雲が流れている時にその雲をいろんな思考と捉え、形の良いと自分がみとれている雲も、それに対する執着心として考えます。その形が崩れ去ったとき、それにこだわることを離れるといったことをするうちに、青空がやってきます。そしたら、それを内に行きわたらせるように瞑想するのです。

 私の思うには、1つの技法でもやってみると奥深いものがあります。和尚は112の技法すべてを行なうのではなく、自分のマインドの傾向に合った技法というものがひとそれぞれ必ずあるので、自分に合うと思ったら、それをとことんやってみることを勧めています。確かに、まずはやってみること、そこからようやくスタートするということなのです。

|

« 秋の夕焼け(1) | トップページ | 関係(1) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/24083999

この記事へのトラックバック一覧です: 空の瞑想(2):

« 秋の夕焼け(1) | トップページ | 関係(1) »