« 両極性(1) | トップページ | 自己(1) »

2008年8月31日 (日)

野心と愛(1)

 女性の覚者に関する講話からです。以下は弟子が、「人間はみな少なかれ野心を持っているため、人間の愛はみな偽りなのでしょうか? 」という質問に和尚が答えたものです。

 愛の中に野心があればあるほど、同じ割合で愛は偽りになる。野心が少なければ少ないほど、愛はよりいっそう本物になる。誰かを愛するときあなたは愛そのものゆえに愛するだろうか? 別の動機がたくさん見つかるほど、愛は少ない。「なぜ、この人を愛しているの? 」と訊かれたら、あなたは何の理由もつけられなくて口ごもるだろう。

あなたは言う、「何の理由もないさ、それはただ起こった。探しても、まったく理由は見つけられない。自分でも理解できないんだ」。

覚えておきなさい。愛はまったく理由のない瞬間にのみ降りてくる。理由があるものは俗世に、理由のないものは神性に属している。

人生で成功している人々は、愛もなく生きている人たちだ。愛と成功は馬が合わない。なぜなら成功のためには非情でないといけないが、愛はあなたが非情であることを許さないからだ。愛とお金は同時に達成できない。なぜなら、お金を貯めるには暴力が必要だからだ。そして愛は、それほどの暴力には耐えられない。愛と権力の結びつきはあり得ない。なぜなら、権力には気違いじみた猛進や、熾烈な競争が必要だからだ。

以上、「シャワリングウィズアウトクラウズ:和尚(市民出版社)」

 話は変わるが、今、先進国と開発途上国、資源国との間でも、資本主義原理に基づく弱肉競争が繰り広げられている。それは他人事ではなく、私たちの職場や生活に既に響いてきている。企業間の駆け引きなど、愛などの関与するところではない。誰がより裕福な生活を勝ち取るかでは納まらない。誰が生き残るかという瀬戸際までそのうち追い込まれるだろう。そのときにあっても、では自分は生き残るに足る人間であったかを、問われなければ生きている値打ちが測れないというものだ。命に優劣はないが、生き方に責任は問われるのだ。自分が死ぬときに、果たして生きてどれだけ値打ちのある生き方をしてきたか、それだけが最後に問題となるのである。いかに生き残るか、いかに裕福に過ごすかではない、いかに生きてきたか‥ それは今もひとりひとりの中に問われねばならないのである。

|

« 両極性(1) | トップページ | 自己(1) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/23379200

この記事へのトラックバック一覧です: 野心と愛(1):

« 両極性(1) | トップページ | 自己(1) »