« 暗闇から光へ(2) | トップページ | 男と女(3) »

2008年6月29日 (日)

自然に還ろう

 エゴにはすべきことがたくさんある。といっても、エゴが自己満足するために必要なもの、すべきことがたくさんあると言っているのだ。それは人間で作られる社会がより豊かに、便利になっていくために必要なことだと言っている。しかし、それは単なる世俗社会に過ぎない。

 人々のエゴを満足させるために作られる社会は誰もが住みよい社会では決してあり得ない。ということは、人々は自分の自分の家族の自分の住むふるさとの自分の住む国の生き残りをかけて、他の人々と戦い続けて勝ち組にならないと、豊かな生活はできないことになる。人間社会も言ってみれば修羅の社会であり、動物の世界とそう変わりはないではないか。

 自然の脅威に自分たちの生活がいつ脅かされようと、それは誰の責任にすることもできないのに、国が当然守ってくれるべきなのだという幻想を抱いたりもする。そもそも自然を征服しようとか、自然をコントロールしようとか考えだした連中は一体何者なのか?

 さまざまなストレスを抱えて精神の病にかかっている人たちは自然を征服しようとしてきた人たち、コントロールしようとしてきた人たちの犠牲者に他ならない。

いま、求められるのは、豊かな生活などではなく、如何に自分らしく、自然に生きるか、いかにお互いが搾取されずに生き、お互いを意図的に傷つけあわずにしあわせになれるかであるとおもう。

 世俗の苦しみの不毛さに気付かない人たちは、世俗に執着し、湧き起こる生エネルギーをしあわせの創造のために使わず、勝ち残り競争のために使い続ける。

 自然に還ろう。人間のエゴに振り回されず、その生エネルギーを自分自身の創造のために使われるなら、もっと住みやすい社会になれるはずなのに。

|

« 暗闇から光へ(2) | トップページ | 男と女(3) »

随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/21966587

この記事へのトラックバック一覧です: 自然に還ろう:

« 暗闇から光へ(2) | トップページ | 男と女(3) »