« 永遠の一瞥② | トップページ | 生というもの »

2008年5月31日 (土)

男と女(1)

男と女は生物の性として相容れない、と同時に相補的である。

お互いにないものを持っているから、それに惹かれるのである。しばしば脳梁の太さの違うことから、考え方、感じ方にそれぞれの性に特有のものがあるのだといえる。ということは、生まれ変わりの生を思う時、それぞれの性の選択で、学ぶことがかなり違ってくるということでもある。今生とは違う生を生きることでひとは人間についてのトータルな学びを得るのであろうか。この双方の性をどれだけ経験しているかで、今生は男なのに女性的だったり、女性なのに男っぽかったりする。

また、ひとは、自分のなりたいものに遅かれなってゆく。

いま憧れの人がいたら、次の生はそのイメージにより近くなった自分になっている確率が高い。もっとも、個人的な生まれ変わりがあるというより、集合的魂の生まれ変わりのなかで、個人的な一度限りの意識が生を受けるという見方が多勢ではあるが‥。

 経験を積んだ魂は、生まれ変わりによって得た自分の中の男性性、女性性のイメージを統合し、より意識領域を拡大させていく。いきつくところは両性具有だ。経験を積んだ魂は、現世において、自分に相応しい異性の恋人をみつけることがより難しくなってくる。それは自分がより両性のこころをともに内面化させていることの証でもある。それだけ自分が成熟したのだと思えば良いし、こころが寂しければまだ内面化がそれほど進んでいないものと思わざるを得ない。

ひとは異性に惹かれ、異性を通して、自分の中の異性像をより意識化することにより、おのれの魂の裾野を拡げているということだ。しかし、その道のりは遠い。

霊的な成長を考えるとき、いわゆる男性原理と女性原理がそれぞれの性にどのように影響しているのか理解することは大事なことである。なぜなら、自らの性の原理に翻弄されて多くのひとは人生をより動物的に生きているからである。性はその動物性を人間生活を通して神へと昇華させるのがおおいなる目的なのであるから‥。

では男性原理とか女性原理について、次に考えてみたい。

|

« 永遠の一瞥② | トップページ | 生というもの »

内なる異性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/21317792

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女(1):

« 永遠の一瞥② | トップページ | 生というもの »