« 未成熟 | トップページ | 生の不確実性 »

2008年4月27日 (日)

責任

人は何か不利益があるたびに、それは誰の責任かと問う。功利的、打算的な物差しで人を見ないなら、自分の生に全ての責任があることがわかります。以下、「黄金の華の秘密:めるくまーる社」から紹介します。

黄金の華の秘密

責任とはなんだろう? 真の責任は神への責任に他ならない。あるいは、真の責任は自分自身の本性への責任に他ならない。あなたは社会や教会や国家に責任を負っているのではない。あなたに家族や社会に対する責任はない。あなたが責任を負わねばならないのはただひとつ、それはあなたの本来の顔、あなたの本来の実存だ。その責任を取ることで、他のすべての責任はおのずと果たされる。

自然になりなさい。自然な人間は責任を負うことができる。なぜなら、彼は感応するからだ。自然ではない人間はけっして感応しない。彼はたんに反応するだけだ。反応とは機械的であるという意味であり、感応とは、臨機応変に応答することをいう。

感応とは何か? 感応とは、その瞬間に起こるプログラムされていない生の体験だ。あなたは花を見ている。観念で目をふさがれることなく、しっかり花を見つめている。あなたはこの花を、その現前を見ている! 知識はすべて脇によけられている。こころは感応し、頭は反応する。責任はこころから生まれる。

思考がないと、エネルギーが内部に蓄えられて、そのレベルがどんどん高くなってゆく。あなたは一種の飽和状態になる。その満たされた状態において、こころが感応する。そうなったら生は詩的になる。そうなったら生は音楽になる。そこではじめて、みずからの言葉を行為によって実証するという奇跡をおこなうことができるようになる。そうなったら「君を愛しているよ」というだけでなく、あなたの存在そのものが愛の証となる。そうなったらあなたの言葉は無力なものではなく、そのなかに魂を宿すようになる。あなたの言葉と行動が一致するとき、あなたの言葉と行動がちぐはぐにならないとき、あなたの言葉が誠実さで満たされるとき、あなたが、自分の言った通りのものになるとき、-そのような生のみが生きるに値する。

ここで、著者は何も家族や国家に責任がないといっているのではありません。自分自身の生きざまに責任の取れないでいる人が、どうして家族や友人、国家に対して責任を取ることができようか、と言っているのです。自分自身を偽らず、自分に対して誠実に生きることが望まれます。誤解しないように、いつも正直だとか、欲求のままにという意味でもありません。責任ということも、自分自身を愛しているのかどうかを問われています。それはいつも自分自身を見つめることからでしか始まりません。

|

« 未成熟 | トップページ | 生の不確実性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/20603274

この記事へのトラックバック一覧です: 責任:

« 未成熟 | トップページ | 生の不確実性 »