« 幸福と至福 | トップページ | 二羽の鳥 »

2008年3月15日 (土)

結婚と自由

ニューウーマン誕生:和尚エンタープライズジャパン」に結婚してなおかつ自由であることは可能なのかという質問に答えた、名文(と私は思っている)をご紹介します。著者は結婚という制度そのものに反対なのですが、問題は人間が作った制度によって自然に成長しようとする心が歪み、ゆがんでしまっている現代を愛と自由をとり戻すためにこの本では色々なことを述べてくれています。私は、人と共に暮らしていくための基本的な理解として、この名分を貴重なものとしていました

結婚して同時に自由であることは可能ですか?

それは難しい。しかし、不可能ではない。ただ少しの理解が必要だ。ニ三の基本的な真理が認識されねばならない。

第一に、誰も他人のために生まれてはいないということ。

第二に、誰も人はこのようにあるべきだというあなたの理想を満たすために、ここにいるのではないということ。

第三に、あなたは自分自身の愛の主人であり、自分の望むかぎりを与えることができるが、誰も奴隷ではないのだから、相手から愛を要求することはできない、ということ。

もし、これらの単純な事実を理解したら、そのときには、あなたがたが結婚しているかしていないかは問題ではない。あなたがたは一緒にいられる。互いの空間を許し合い、互いの独自性を決して妨害せずに。‥‥‥

結婚の目的は互いに自分たちを閉じ込め、自分たちを束縛することではない。その目的はあなたがたが互いに成長するのを助けあうことだ。しかし、成長には自由が必要だ。そして、過去においては、すべての文化が、自由がなければ愛は死ぬことを忘れてしまっている。

|

« 幸福と至福 | トップページ | 二羽の鳥 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/11357524

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と自由:

« 幸福と至福 | トップページ | 二羽の鳥 »