« 資本主義と格差社会 | トップページ | 誠実さ »

2008年1月30日 (水)

一粒の砂

何が欲しくて生きてきた?

君もいつかは 風に乗って運ばれる

今まで貯めこんできた多くの宝物が

風はさらって

ちっぽけな微塵に変えてしまう

望むものすべてを放棄して

君も風になれ

やがて 君は発見する

すべては巡り巡って 

繰り返されるということを

風がその手助けをしているということを

そして 空が青いのは 海が蒼いからだということを

空の青さを 海が映し出していることを

|

« 資本主義と格差社会 | トップページ | 誠実さ »

」カテゴリの記事

コメント

きれいな誌ですね。
コメントありがとうございます。

せっかくなので、リンクいただいていきます。

素敵なブログライフを!(o^∇^o)ノ

投稿: ツミコ | 2008年1月30日 (水) 22時29分

コメントありがとうございました☆
巡り巡る・・・
悲しみも辛さも悔しさも
よせては返す波がさらい・・・
見上げた空が青いとき
何かを感じるでしょう・・・

投稿: haruka | 2008年1月31日 (木) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483880/10157364

この記事へのトラックバック一覧です: 一粒の砂:

« 資本主義と格差社会 | トップページ | 誠実さ »